次へ

コロナで都心から移住が始まる、お金持ちは郊外に移住するのか?

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

 

貯蓄ゼロの世帯が3割!貯蓄ゼロってどういう意味?

最近、都内から郊外への移住が増えているようで都内への転入よりも都内からの転出の方が増えているようです。私は目黒区に10年住んでいるのですが、いつもお世話になっている不動産屋さんに聞くと駅近で人気のある部屋が結構埋まらなかったりするようです。そのくらい、都心から離れる人が出てきているようですね。

 

そんな中で私も10年住んだ目黒区を出て地元神奈川県へ向かうことにしました。家賃の相場は随分安くなりますね、目黒区は都内でもかなり高い場所なので横浜のはずれの方に引っ越すと物件にもよりますが今の1Kと同じくらいの金額で2LDKが借りれてしまいました。

 

基本的にお金持ちと言われる人たちは、自分で確定申告をしている人たちだと思うので持ち家は持たずに賃貸マンションに住んでおそらく家賃を経費として扱っている人が多いのではないでしょうか。自分で事業をやっていると家も車も事業の経費として計上できる可能性が高いと思います。

 

 

サラリーマンだと気づき辛いですが経費などをうまく使っていくと、かなりお得に賃貸に住めることになるので、自分で事業をしてバリバリ稼いでいる人は少し家賃が高くても都心の賃貸に住み続ける可能性が高いんじゃないかと思います。

 

私のようないわゆる中流階級のサラリーマンは、そこまで経費を申請するほどの事業を保有していないので少し郊外へ移動してリモートワークをしながら安めの家賃のところに住んで節約をしつつ生活をしていこうと思います。神奈川県は結構都内から離れても藤沢や鎌倉など人気の居住地域があり家賃が下がりにくいのが泣き所です。

 

そして家計資産がもうすぐ3000万円に近付いているのでそろそろ、マス層からアッパーマス層にランクアップできそうな予感がします。今のところ非常に順調に資産が増えていますね。

 

ぽん太
ぽん太

リモートワークになると随分生活も変わってしまう。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

 

お金の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました