次へ

【速報】金融課税は当面触らず。投資家はほっと一息。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【速報】金融課税は当面触らず。投資家はほっと一息。

 岸田文雄首相は10日、フジテレビ番組で「当面は金融所得課税について触ることは考えていない」と述べた

岸田文雄首相は金融課税については触れないということをフジテレビの番組で述べたようです。この辺がどこまで信用できるかわからないですが、大臣に発言をさせてみて民衆の動向を探ったのかも知れませんね。そもそもこの話ってどこから湧いて出たんでしょうかね。自民党総裁選の時に突如、候補者がこの話をし始めた気がするのですが意味が分かりませんでした。

 

今まで金融庁を中心に貯蓄から投資へ!というキーワードでつみたてNISAを整備したり、ずっとタンス預金などが多すぎてお金が回らないこと、海外は投資で資産が増えているのに日本はこのままでは不味いという観点や社会保障が回らないので、自助をするために自分の力で資産を形成するという観点から投資を推奨してきたはずですね。

 

 

もはやひと昔前は、株式投資への税率を下げて投資を推奨していた時期もあるようです。このころ私は投資なんて全く考えていなかったですが・・・。そもそも金融庁が力を入れてこういった取り組みをしてきている中でようやく日経平均が3万円を超えたり、米国株が流行していて投資ブームが静かに盛り上がってきてつみたてNISAなどは一般常識になりそうな状況です。

 

この状況で突如増税を行ったら、当然大顰蹙を買うのは火を見るよりも明らかですよね。誘導してきたうえでの増税となるので消費税増税以上に印象が悪いですね。なので、大臣の発言で様子を見て撤回したというところでしょうか。政治家とか政権と言うのも私たちの投票などを使ってしかっかりと政権をコントロールしていかないと私たちにも被害が直撃しそうですね。選挙には真面目に行きましょう。

 

ぽん太
ぽん太

増税はマジでやめてほしいですねw


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

 

 

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました