【雇用統計】米国経済めちゃくちゃ強い。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

 

【雇用統計】米国経済めちゃくちゃ強い。

先ほど発表されたアメリカの1月の雇用統計は景気の動向を敏感に反映する「非農業部門の就業者数」が前の月に比べて35万3000人増え、18万人程度の増加を見込んでいた市場の予想を大きく回りました。また、失業率は前の月から横ばいで3.7%でした。

・1月非農業部門雇用者数:+35.3万人(予想:+18.5万人、12月:+21.4万人)

・米・1月失業率:3.7%(予想:3.8%、12月:3.7%)

雇用統計の発表がありましたね、あまりにも強い米国の指標にドル円が146.6から148くらいまで急激に上昇していますね。ダウの先物-80くらい。経済が強い方が米国株にとっては良いはずですが3月の利下げ確率が25%まで下がったことで、株価は下落している模様。

 

どうなんでしょう?経済が強い方が最終的には株価にも良い気がするのですがやはり利下げという圧倒的なルールの前には無力なんでしょうか。株価は下落しています。2019年、私が最初に投資を始めた頃は指標が強いと株価が上がっていた気がするんですが2020年のコロナショック以降は金利の予測を中心に株価が動くようになり、ドルと株価が逆に動くようになってしまいました。

 

 

毎月ある指標の、たった1回の結果で右往左往するのも変な話ですが投資する金額がふえてくるとほんのわずかな株価や通貨の変動でだいぶ大きな金額を失ったり獲得したりするようになりました。富裕層に向かうには超えていかないと行けない壁ですね。流石に1日で100万円とか減ると、ウキウキ気分から節約しようかなモードに切り替わります。

 

1億超えてくると一瞬で数百万が変動するんだろうなと思いつつ、Appleが決算良かったのにアフターアワーで下がってたのにちょっとむかつきつつ、金額の変動よりもその株がもつ価値の方が変わらないと思うクリティカルシンキングをすることで自分を誤魔化していきたいと思います。

 

ぽん太
ぽん太

含み益が1900万円を超えると今はウキウキモードです。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました