次へ

【もう終わりだよこの国】日本の貧困が深刻化。2018年は「年収200万円台」が中流に・・・

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【もう終わりだよこの国】日本の貧困が深刻化。2018年は「年収200万円台」が中流に・・・

これは厳しい‥。1990年は300〜400万円台が中流世帯だったのに、2018年は200万円台が中流に

ここに、コロナ禍が直撃。残業時間が激減し、残業代が激減

残業代激減から住宅ローンが払えず、自宅を手放す人が増加

多いのは正社員。正社員でも自宅を手放す人が増えている
(20代の正社員の4人に1人が基本給が20万円/月以下。20代以外でも残業代減るときつい世帯が多い)

日本の給料が上がらないという話はありましたが、1990年代は日本の中流家庭の平均年収は400万円だったそうです。400万円であれば都心ではかなり厳しいかも知れませんが田舎で実家などをうまく活用していけば特に生活に困ることにはならない年収かと思います。独り身ならかなり裕福だし、結婚してもそれなりの生活はできそうな気がします。

 

しかしながら200万円と言うとちょっと厳しい気がしますね。月給で20万円程度でボーナスでも240万円なので月給16万円で手取りが14万円とかが中間層と言う感じでしょうか。共働きをすれば400万円くらいにはなりますので年収200万円で専業主婦になるんでしょうか。それでも実家に住んでいたり家賃が凄く安ければぎりぎりで生活はできそうな気はします。

 

 

更に住宅ローンが払えなくなったという話も最近はよく聞きますが上がらない給料に対して住宅価格が凄く高くなりましたよね。私の田舎の方でも5000万円ちかいマンションが建つようになったり神奈川県は西部の一部を除いて家が高くなりすぎました。首都圏での新築マンションの平均価格が6800万円になっているとかでこれでは私でもローンを組んでも完済できない可能性が高い気がします。

 

なので、今の時代は家などを保有して自家用車を買って企業に40年努めて退職金をもらって60歳以降は老後の生活を送るみたいな昭和の人生観はもう完全に崩壊しているのですが、無理してローン組んで払えなくて家を競売に出して自己破産するみたいな状況はあんまり頂けないです。江戸時代から昭和の半ばくらいまでは家は持たずに借家であることが普通だったので無理して色んなものを保有しなくても良い時代になってるのかも知れません。

 

ぽん太
ぽん太

中間層の所得が30年で半分になっているのか・・・もう終わりだよ・・・。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

お金の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました