次へ

【悲報】えっ?怒りっぽいとお金持ちになれないんですか?

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

 

【悲報】怒りっぽいとお金持ちになれないんですか?

ある女性タレントと、男性議員の不倫疑惑が報道されました。これを見て、あなたはどう思いますか?

A けしからん。議員としてふさわしくない。
B どうでもいい

Aの感想を持った人は、貧しくなりやすいと言えます。

ひとつは、小さなことに目くじらを立てて怒りをあらわにする人は、物事の本質を見失いやすいからです。人間は感情に支配されると、理性や論理的思考力が低下し、合理的な判断ができなくなります・・・中略

もうひとつの理由は、自分の思い込みが強すぎるあまり、想像力が低下するからです。

怒るということは時にはとても大事な時があると思います。怒りなどの感情をぶつけないと理解されなかったり、窮地を脱することができなかったり、戦略的に怒りという場が必要な時は仕事などではたまにあります。それは数カ月から下手すると数年に一度くらいしかなく、怒って何かが改善することって世の中にほとんどないと思っています。悪いことや間違えたことをしている人に対して怒って知らせるくらいで、怒ることって基本的には不要だと思います。

 

仕事をしていると、ちょっと気に入らなかったりこちらが失敗すると怒り始める人っていますが、「この人は手詰まりだから怒るくらいしかできないんだな」と私は考えてスルーするようにしています。何かをするときに怒っている、イライラしているというのは結構手詰まりになっている状況なので、一旦別のことをしたり休んだりして今やっていることを中断する知らせだと思います。

 

 

この記事によると怒っている人というのは論理的な思考能力が低下して合理的な判断ができなくなったり、思い込みが強く状況判断ができていないので決めつけてしまい想像力が低下するそうです。投資でも投資に感情は邪魔であるとバフェット氏が言っていたと思いますし、感情的な判断と言うのは結構難易度が高い金融などと向き合う時には、殺すというよりもうまく前向きな状況に持っていかないと感情的になって失敗してしまうと思います。

 

プログラムとかコンピューターの操作をしているとと、感情的になるとミスばかりになりますよ。なので何かやる時は必ず気持ちをニュートラルな状況に持って行ってから行うようにしています。仕事も投資もお金のことも一緒でですね。感情のコントロールというのはどんなことにおいても基本ですね!

 

ぽん太
ぽん太

とはいえ世の中イライラすることは多い・・・・涙


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資記事が集まるサイトです。



 

 

お金の話仕事の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました