「金利が上がると株価が下がる」はなぜなのか?

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

 

「金利が上がると株価が下がる」はなぜなのか?

「株は上がれば儲けも大きいけど、下がれば損するかもしれない。金利が上がるなら安全性が高い債券投資で利回りが確定できた方が良い」と考える人が増えるからです。
もっと身近で例えるならこんな感じです。「金利が上がり銀行預金の利息が増えるなら、リスクが高い株式投資をしなくても良いのでは?」この考えには頷く人も多いのではないでしょうか。こうした人々の考えが「金利上昇→株安」の根底にあるのです
最近、米国債の利回りが上昇しています。金利が上昇することで株価が下がるのはこのような理由らしいです。また、金利が上がることで企業が借り入れているお金の利息が上昇するので企業の利益が押し下げられてEPSが下がる可能性があるので、金利の上昇は将来の企業価値を押し下げる効果もありますね。
米国債の金利が上がることで米国にお金を預けたい人たちも現れて、ドルを購入するのでドル高も止まりません。今日は1ドル107円を超えてどんどん上昇していってしまいました。やはり通貨は一方的に下がり続けたり上がり続けたりすることもないんですね。結構レンジで動いてFXやっている人たちの逆を突いていきますね。
私の中で債券というとBNDなのですがBNDもここ1カ月くらいは価格が急落していますね。もともとあまり価格変動が少ないのですがここ最近は少し下がり気味で配当利回りは徐々に上昇中です。ここはもしかすると債券への投資のチャンスなのかも知れません。
自分のポートフォリオ全体の20%くらいを債権で持つと、リターンはそのままにリスクを減らしてシャープレシオを改善することができるので債権を少額持っておくのは良いことだと思います。現金で持っておくよりは債権にしておいた方が少ないながら利回りも発生しますし。
大きく値上がり益も期待できないですが、安定して2.5%くらいでも配当利回りが発生するのは実はすごくありがたいんじゃないかと思ってきました。銀行の金利が0.001%とかの時代に2.5%なので多少リスクがあるとは言え、債券を持つのもよいのかも知れませんね。
ぽん太
ぽん太

資産全体の1-2割くらいを債券にしておくのは良いことだと思います。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資記事が集まるサイトです。



 

お金の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました