次へ

【悲報】2020年度版平均給与額が発表、平均給与安くない?

ぽん太
ぽん太

皆さまこんにちわ!!ぽん太です。

【悲報】2020年度版平均給与額が発表、平均給与安くない?

まず最初に入金力と言うかお金を稼ぐ力と言うのは大事だと思います。生活に必要なある程度のお金を上回ってくると貯金が一気にできるようになるからですね。20万円の支出がある状態で22万円の手取りが25万円になると余剰資金は22-20=2から25-20=5となり貯金できる金額は2.5倍になりますよね。私もある一定を超えてから一気にお金が増えるようになりました。

 

この2年全力で資産運用して1000万円が2000万円になったのも、給与からの貯金が2年で650万円くらいで、株式投資の利益が350万円くらいでした。

年齢・男女別の平均賃金(残業代などは含まない所定内給与)。男女で賃金の増え方が違う(単位:千円) 出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査(全国)」

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査(全国)」

そして、平均給与額の2020年版が記事で出ています。この金額を見ると結構きついなーって思いました。30年もの間インフレが起こらず賃金の上昇が起こらなかったためだと思いますが、30年前の方がもう少し良かったんじゃないの?って思うくらいですよね。

 

ざっくりと見ていくと日本で会社員として高給をとるには、大学院・大学卒で正社員になり電気・ガスの業種について50歳になると月給50万円もらえるみたいですね。月給50万円と言っても多分手取りは30万円台なので使えば一瞬で消えていくと思います。なんか会社員に夢がない気がしますねぇ。

 

 

月給50万円だと月の生活費が20万円であれば15万円くらいは貯蓄に回せるかなと言う所。しかも54歳くらいですよね。電気・ガスなどの安定企業でこれだけの年収があれば結婚もして子供もいるでしょうからこんなに貯金もできませんよね。

 

Twitterとか株式投資をしている人の収入を見ていると1000万円なんてザラな感じがするのですが、実際は300万円~400万円を稼ぎ出すのは結構仕事としては大変だったりしますよね。実家でなくて首都圏などで住んでいると稼ぐ力を上げねば投資など夢のまた夢。

 

会社員でお金を多くもらう人と言うのは、仕事ができる人がもらうわけではなくて、お金が払える会社のお金が多く払われるポジションに就いた人がお金を稼げるわけで給与が少なければそういったポジションに行くしかないですね。条件を選ばなければそこそこあるような気もしてます。

 

1回給与を上げてしまうと同じくらいの会社には同じくらいの給与で転職できますから、一気に稼ぐ力は増えますね。あの会社のXXというポジションの人ならこのくらいの給与みたいにテーブルで決まってますから。謙虚に自分がやっている仕事をしっかり積み上げてる人なら意外とチャンスはあるものです。

 

あくまで会社員の話で、自営や自分の力で稼げる人は全く持ってこう言った法則は当てはまりませんよね。あまりにも不当に給与が安い場合は転職しても良いのかなと思います。

 

ぽん太
ぽん太

外国株の利益を日本に持ってくれば日本の稼ぎになりますよね。日本国民の普通預金1900兆円でGAFAMの株を買い占めてやりたい。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ



 

お金の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました