WWDCでAppleがARMへの乗り換えを発表。Apple帝国は更に巨大化するか?

こんにちわ!!ぽん太です。

 

昨日はAppleのWWDCでの発表が有りました。ハードウェアからサービスを中心にするため色々と方針転換をしているAppleですが、今年はApple Siliconと言うのが私の中では一番大きな印象を残しました。リアルタイムでは見てないけど。

 

WWDCでAppleがARMへの乗り換えを発表。Apple帝国は更に巨大化するか?

 

AppleがMacでも独自開発のプロセッサに移行する「Apple Silicon」を発表、iPhone&iPadのアプリがMacでも利用可能に
WWDC 2020の中で、AppleがiPhoneやiPadで独自開発のプロセッサを採用しているように、次世代のMacでも独自開発のプロセッサを採用する計画「Apple Silicon」が発表されました。ティム・クックCEOは「歴史的な日になる」と語っており、独自開発のシリコンを採用した次世代Macではほぼ修正なしでi

 

前々から、注目していましたがついにAppleがIntelから自社製のCPUに乗り換えです。これは通常のPCで主流となるIntelの64bitアーキテクチャからARMへの乗り換えです。ARMはiPhoneやiPadと同じ構造なので同じアプリが動くことが最大のメリットだと思います。逆に深くは触れられていませんが、BootCampなどでWindowsが起動したりするのはもう無理かも知れません。

 

iPhoneと共通のアプリが動くということは別々に作る必要がなくなるので、MacBookのアプリが充実することになると思います。iPhoneのゲームがそのままMacbookでできたりとか、今まで別々でアプリを作っていたのが1つのアプリでiPhone、iPad、Macbookなどで全部動くということなので、アプリが充実することは間違いないでしょう。

 

WindowsPhoneなどは、後出しの上にアプリが揃わずモバイル市場からは敗退していますしゲームハードなどもソフトウェアが揃わないとPS3のように敗退してしまうのは、過去からも学べる事実です。アプリが開発しやすいということは、強力なメリットですね。

 

いちエンジニアとしては、AppleよりもGoogleの方が開発者には優しく、アプリも作りやすいですがwAndroidは機種数が多すぎて機種ごとに内容を変えないといけないのは辛いです。

 

 

株価も強いApple、万有引力の法則を覆し天空へ。

時価総額は驚愕の1.56兆ドル。

Appleの株価はコロナショックを完全に乗り越えて、350ドルを突き抜けました。これは一体どこまで伸びていくんでしょうか。MicroSoftとAppleは米国ITの二大巨頭となりつつあり両社ともに時価総額1.5兆ドルを超えてしまいました。Appleの場合は、これでもPERが28倍とAmazonの129倍と比べて大分小さいです。

 

この辺は数字の勘定なので何とも言えないところはありますが驚異的な利益を叩き出していることになりますね。私が始めた2019年初はAppleショックが起こっていて早めに安く買えたのはラッキーでした。今から買うとなるとちょっと躊躇してしまうくらい値上がりしてしまいましたね。また140ドルまで下がったら死ぬほど買いたいと思いますがもう140ドルを目指すことはしばらくなさそうです。

 

新しいMacbookのOSであるBigSurやiOS14も今から少し楽しみです。

 

ぽん太
ぽん太

頼む、この勢いでiPhoneのノッチをなくしてくれ。

本日は以上です!


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました