日本マクドナルドさん、外食産業壊滅の中で売り上げ高前年比+6.5%の偉業を達成する。

こんにちわ!ぽん太です。

 

家籠りも中々飽きてきますよね、家の環境を色々アップグレードするのにハマっていますがモニターを良いものに買い替えたのは大正解でした。画面のちらつきが少なくて目が疲れないのですごく良い感じです。モニター、ヘッドセットなど在宅勤務などでも利用するものを更新して行くのは満足度が上がりますね。

 

さて、日本マクドナルドはこの状況の中で4月売上が圧倒的な成果が出ています。外食はマクドナルドが最強なんですね。

 

日本マクドナルドさん、外食産業壊滅の中で売り上げ高前年比+6.5%の偉業を達成する。

マクドナルド/4月の既存店売上6.5%増、客単価31.4%増
日本マクドナルドホールディングス(2019年12月期売上高:2817億円)が発表した4月度の既存店売上高は、前年同月比6.5%増、客数18.9%減、客単価31.4%増となった。 <マクドナルド店舗イメ

日本マクドナルドホールディングス(2019年12月期売上高:2817億円)が発表した4月度の既存店売上高は、前年同月比6.5%増、客数18.9%減、客単価31.4%増となったそうです。近所のマクドナルドは、店内飲食を中止してテイクアウトのみの対応になっていますが、それでも売上が前年度比で6.5%増加と言うのはマクドナルドの強さを示しているように感じます。

 

マクドナルドでは4月29日(水・祝)より「終日店内客席ご利用中止」を行っているようで緊急事態宣言延長で5月中は継続して店内客席は利用できなくなるようです。5月度も同じように売り上げ高が前年比より増加するかはわかりませんが、4月は客数減少に対して顧客単価が上昇しているため全体の売上高が上昇したようです。

 

家族の1名が家族分もテイクアウトでまとめて買ってくるような利用の仕方がマクドナルドの業態と丁度合っているんでしょうね。色々な店舗がテイクアウトを始めていますが新規でテイクアウトを始めたお店は、まだ味や料理の内容がわからず買いずらいですがマクドナルドであればメニューも味も大体みんな知っているので家族分の注文も取りやすいですもんね。迷ったらテリヤキマックバーガーセット辺りを頼んでおけば、まず間違いないと思いますから。

 

何よりも海外に行ってもマクドナルドの店舗に行けば世界中どこでも同じ味が食べれると言うのは圧倒的で私も海外に行ったらよく利用します。日本にいると逆に利用しないですけどね・・・、海外で食べるマクドナルドやコカ・コーラは涙が出るほどおいしいと思うのですよ。不思議なことに・・・。

 

 

他の店舗は壊滅状態、いきなりステーキは・・・

出典:ニッポンの数字

 

 

普段から持ち帰りをやっていたお店は比較的軽傷に見えますね。でも割と狭い店舗で格安で食べれるようなお日高屋、家族で行くスシロー、ファミレス系は壊滅状態です・・・。いろいろと話題を提供してくれるいきなりステーキは3月時点ですでに-48.9%と更に今月は各店舗悪化傾向ですので4月はどうなってしまうんでしょうか。

 

出典:ニッポンの数字 いきなりステーキの前年度売り上げ比の推移

いきなりステーキはコロナなど関係なく最初からやばいのですが、この状況で更に凄いことになっています。流動負債もかなりのことになっていたはずなので現在、足元の資金枯渇を解消するために出資先を探しているんではないかと思います。いきなりステーキが持ち帰りをやっていたので1度お弁当を頼んだのですが、肉が固い!味は悪くなかったんですが肉の質が私でもわかるレベルで悪かったと思いました。その後その店舗は休業に入ってしまいました・・・。

 

ぽん太
ぽん太

こんな状況になるとは思ってもいませんでしたが、日本の経済状況も見守っていきたいですね。

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました