NYダウ1627ドル高で株価大幅反発、ニューヨークでの感染者数鈍化が要因か?

こんにちわ!!ぽん太です。

 

株価が急騰していますね、昨日の記事にも書きましたが投資期間では悲観論が蔓延していますがそれを嘲笑うかのような株価の上昇、信じられるのは己のみです。こんな状況でタイミング狙いなどかなり厳しいと思うので長期投資の目線に立って落ち着いて投資を続けていくのがベストなんだろうと思います。

NYダウ1627ドル高で株価大幅反発、ニューヨークでの感染者数鈍化が要因か?

NYダウ急反発、1627ドル高 コロナ感染鈍化の期待で
【ニューヨーク=宮本岳則】6日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が急反発し、前週末比1627ドル46セント(7.73%)高の2万2679ドル99セントで取引を終えた。米欧で新型コロナウイルスによる

株価の反発が凄まじいです。先日18,000ドルまでNYダウが下落したの嘘のように強気な相場が今週に入ってから展開されています。

急騰するS&P500種

S&P500種においてもダウと同様に5日のグラフで見ると大きく反発しているのが分かると思います。この要因としてはNY州での感染がピークアウトしたように見えているからだと思います。日本や中国で感染が増えても波及しなかったですがNY州での感染が増加に転じると株価が下落を始めたようにやはりNYが金融の中心地なんですね。

 

日本でも東京都で外出自粛要請からの国家緊急事態宣言が出ていますが、今日の東京都の感染者数は83人と一時期の140人からピークアウトしてしています。東京都内では随分と外に人が減っているように思います。株価の予想は色々と出ていますが、S&P500が1500ポイントまで下がるという予測もありました。しかしながら現在は2700ポイントまで回復するなどここから半値になるということはこの世の終わりのような状況になると思います。今後感染が止まらず経済も復旧しないようであれば当然そのような状況になると思いますが、ここから先はちょっと読めない気がします。

 

投資を始める時にS&P500などのインデックスを信用したのであれば、信じて投資を続けるしかありませんね。私は継続して投資をして行きたいと思います。S&P500がだめなら恐らくその他も全滅するかも知れません。不安があれば全世界株式などもありますし、より広く分散して行くしかないかと思います。

 

こういう時に投資をしている方々が何をすべきなのか?という点についてはバンガード社のこの記事を常々推奨しています。

 

バンガード-長期・分散・低コスト-
バンガード - 投資を学ぶ - 投資情報 - 市場の下落期に避けるべき3つの過ち

 

 

世界の中心地NY州での感染はピークアウトか?

米ニューヨーク州、1日の死者数が初めて減少 新型ウイルス
アメリカの新型コロナウイルスのアウトブレイク(大流行)の震央となっているニューヨーク州で5日、1日あたりの新たな感染者数と死者数が初めて減少したと、当局が明らかにした。

 

NYでは1日あたりの死者数が初めて前日(4日、630人)を下回ったそうです。イタリアなどの欧州でも少しずつ感染者数がピークアウトしつつあることを考えるとまだ早いかも知れませんが少しずつパンデミックを乗り越えつつあるのかも知れません。しかしながら米国では失業者が1000万人もでていますからここから危機を乗り越えたとしても復旧までは半年くらいは最低でも時間がかかりそうにも感じます。

 

日本もまだまだ感染者が拡大していますので、大変な思いをされている方も多いかも知れませんし、一日も早くこの状況が収束してほしいと思います。株価は所詮お金の話ですので、お金が無くなってもやり直すことはできるかも知れませんが自分の体がやられてしまうとそれどころではなくなってしまいます。今は国や各所在地の指示に従ってクラスターとなりそうな場所に行かないことが賢明だと思います。

 

 

ぽん太
ぽん太

感染も株価もそろそろ落ち着いてほしい。感染していなくてもずっと家にいるのも非常にしんどくなってきました。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

 

タイトルとURLをコピーしました