スポンサーリンク

【ポイ活】2020年3月も楽天キャンペーンポイントで楽天VTIを買い増しました!株価バーゲンセールでポイントで追加投資!

お金の話

こんにちわ!!ぽん太です。

 

楽天カードのキャッシュレスポイント還元で楽天ポイントが沢山はいりましたので、楽天VTIへ更に投資しています。株価バーゲンセール中ですので何の迷いもなくポイントを全額突っ込めます。楽天VTIも一時期13000円くらいまで基準価格が上がっていましたがいまや9000円を切る勢いで下落中です。

【ポイ活】2020年3月も楽天キャンペーンポイントで楽天VTIを買い増しました!株価バーゲンセールでポイントで追加投資!

キャッシュレス・消費者還元事業で更に追加で楽天ポイントをゲット。

皆さんもキャッシュレス還元事業を利用しているでしょうか?クレジットカード、PASMOなどの電子マネー、~PAYサービスなどでの電子マネー利用で利用金額の5%もの金額がキャッシュバックされてきます。月10万円利用している場合は5000円も返却されます。配当金は四半期に1度数パーセントであることを考えると、まだ金額が小さい投資家にとっては馬鹿にできるような金額ではありませんね。

 

楽天ポイントの場合は楽天証券で個別株や投資信託の購入に利用できるという特典があるので、是非とも利用していきましょう。

 

3月は楽天ポイントだけで5000ポイント以上も再投資している。

3月はキャッシュレス還元事業と楽天カードでの買い物分でなんと5000ポイントも受け取ることができたのでその全てを楽天VTIに変換しています。VTIは小型株を含むので暴落時にたたき売られる小型株効果で少し下落が大きいような気がしています。

 

10%小型株を含むVTIは大型株のみのVOOよりも1.2%程度大きい

比較グラフを見るとわかりますが、やはり暴落時の最初は小型株から売り込まれるようでVOOよりもVTIの方が下落率は少しだけ大きいようです。なんとなく小型株効果を理解しましたが暴落時には真っ先に危険なものから売り払われるので不況時はまず小型株から売りますよね。倒産の可能性もあるし現金が必要になったらまず小型株→大型株→債券→金のような順番で売られて行っているように感じます。

 

楽天VTI自体は、米国に上場されている3600銘柄に分散されているのでそこまで心配する必要もないでしょう。

 

 

楽天VTIは基準価格10000円を割り込む大バーゲンセール状態

大きく下落する楽天VTI、積立投資の絶好の機会

楽天VTIは優良な投資信託の一つだと思います。今はeMAXISSlim系が一歩先に言っているような気がしますが今後の運用に期待したいと思います。そんな楽天VTIも大きく基準価格が下がりました。私が購入を始めたのは基準価格が9500円くらいの時だったので更に割り込んでしまいましたね。

 

最初は一括投資しましたが、その後は毎月つみたてNISAとスポット買付で5万円づつ積立投資を行っています。ここ最近はずっと価格が高かったので購買意欲がとてもわいてきます。しかしながら私がやっていることは普段とあまり変わらず積立投資を毎月続ける、ポイントを全て再投資する、余剰資金として取っておいてあるものは下落時にリバランスするために下落相場で買い付けを行うなどの単純な行動をしています。

 

株価暴落でリーマンショック級だとか、もっと株価が下がるとか色々言われていますが、むしろここで喜んで買い付けて行くべきです。更に10%~15%くらいまで下落することもあるかと思いますが、市場が落ち着けば現金化された資産がまた再び株式市場に舞い戻ってくるでしょう。それが半年後か1年後かは正確にはわかりませんが今がチャンスと思いコツコツと投資を続けていきたいと思います。

 

ぽん太
ぽん太

楽天ポイントは投資のための大切な源泉、キャッシュレスを利用しよう。

本日は以上です!!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました