【雑談】年収の悩み

スポンサーリンク
お金の話

最近、弊社では年収が低い、給料が低い悩みの相談を受けるので記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

年収の悩み

弊社でも、エンジニアの若手が流出したりデザイナーの人がカジュアル面談に行ったり、
私の前職を紹介してくれなんて相談を受けたりしました。

若手のエンジニアについては、転職先では年収がめっちゃ上がるようで、寂しいですが喜んで送り出しましたが。

確かに私の会社は、残念ですが給与に関してはそんなに高くありません。

職業には、収入の相場がある

ありがたい事にエンジニアはITエンジニアの平均年収は 592万円 と平均年収よりも高く、
最近のエンジニア不足に伴って、年収や労働環境が改善され年々良くなっているようです。

これがカスタマーサポートになると 314万円 デザイナーの平均年収は 332万円 となります。

ITエンジニアだと大手企業に入れば、1000万円以上、GAFAなどでは2000万円がみえてくるでしょう。

したがってどんな職種に就くのかということはとても大事です。

日本だとどの会社に入るかがとても重視されますね。

大手に入っても、臨んだ職種になれないと転職時に大幅に職種によって収入が左右されてしまいます。

年収ベースで考えるなら日本では大手商社に勤務するのが1番でしょう。

年収が上がっても案外贅沢はできない

年収1000万円程度の収入では全くお金持ちではありません。大手SIerに努めていた時は残業も多く回りに1000万円超えの人がいましたが、
靴下すら買わせてもらえず小遣い3万円の課長なんて人も大いにいました。

月給60万円だと手取が45万円くらいになるので、1人暮らしでも生活費を多めに使って25万円使ってしまえば残りは20万円程度になります。

月20万円が自由になる生活は確かに裕福だと思いましたが、ストレスが溜まって月に3回パチンコに行って1回5万円負ければ一瞬で吹っ飛びます。

パチンコ屋で月に3回5万円を握って、遊んでなくなる程度の収入が年収1000万円です。

家を買って家族を養ったら絶対に、裕福であるとは感じないでしょう。

子供の保育園の金額が1番高いレンジに入ったり、所得税や住民税、厚生年金もぐっと上がりますよ。

 

 

年収でお金持ちになった人はいない。

世界の大富豪達で、企業の年収でお金持ちになった人はいません。

ウォーレンバフェットの年収は 900 万円ですし、スティーブ・ジョブズは報酬受け取っていなかったはず。
彼らは株式の保有と配当金で、資産を築いています。株式からの収入は税率が20%と安いです。

お金がないからまず年収をという方の場合まずこういった知識を持つことを推奨しています。

しっかりお金の知識を学んでいきましょう。

まとめ

しっかりとお金に対する知識を深めていきましょう。

そしてその中で必要なのであれば転職をして年収を上げましょうということを伝えたかったです。

給与収入で高収入を得ている人が必ずしも幸せそうにしているわけでも、お金を持っているわけでもありません。

お金の知識+職業の収入+副業で、しっかりと資産を築けるようにしていきましょう。

 

1日1回応援お願いします!


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました