次へ

【悲報】金融課税強化、もう何が何だかわからない。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【悲報】金融課税強化、もう何が何だかわからない。

岸田文雄首相は5日にロンドンで行った講演の中で「資産所得倍増プラン」を打ち出したが、岸田政権が検討を進めようとしている金融所得課税の強化との関係を質問された松野官房長官は、同プランはNISA(少額投資非課税制度)の抜本的な拡充などで国民の預貯金を資産運用に誘導する新たな仕組みの創設を検討していくものであると説明。

その際に2022年度の与党税制改正大綱で示された「一般投資家の投資しやすい環境を損なわないよう十分に配慮して諸外国の制度や市場への影響をなどを踏まえ総合的な検討を行う」ということに対し、十分に配慮して検討していくと述べた。

A:一般投資家の投資しやすい環境を損なわないように十分配慮する。

B:NISA等の制度を抜本的に拡充する。

C:金融課税を強化する。

なるほど、NISAの上限額を年間1000000000000000000000000円にして期限を無期限にすればAとBとCを同時に満たす状況を作り出せる!解散!

 

さて、英国でInvest in Kishida!!という意味不明な言葉を残してきた岸田首相の対応に苦慮しているように見えます。NISAなどの制度を抜本的に拡充しつつ、一般投資家に配慮し、金融課税を強化することは基本的には出来ないのではないかなと思います。

 

そもそも、英国で投資を呼びかけたとしてもNISAは日本国民向けの制度だと思っていたのでそもそもが矛盾していないかなと思いますが、抜本的な拡充の中に外国人投資家もNISAに含むようにでもするんですかね?

 

 

金融課税強化については投資家は誰も賛同していないと思うのですが、このように議論がグダグダになっているのは実行される可能性が減るので良いことなのかなと思います。このまま課税を強化してしまえば英国で演説してきた岸田首相のメンツが丸つぶれになってしまいますからね。これについては、緊張感をもって永遠に注視していてほしいなと思います。

 

しかし今日は何よりも、10連休だったGWが明けてしまって久々の仕事だったので非常に気分が悪いです。何もITのことを理解していないお客様が、何もITを理解していない代理店を通して、何もITを理解していないうちの会社の社員から伝言ゲームで質問が来るので地獄のような意味不明の文章が私に届きます。日本でエンジニアとかメカニックとかをやってはいけません。お客様は神様なのでひたすらクレームに晒されるからです。

 

話がそれてしまいましたが、下落相場でもリスクを大量にとって投資をしているので増税は本当に勘弁してほしいですね。

 

ぽん太
ぽん太

ゴールデンウィークが一生続いてほしかった・・・。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました