次へ

宮迫さん、焼き肉屋のために時計を売却してしまう・・・!

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

宮迫さん、焼き肉屋のために時計を売却してしまう・・・!

安易に手を出すと大変なことになるという教訓

最近、注意して追ってますがこの牛宮城のドキュメント面白いですよね。安易に手を出すと大変なことになるという見本と言うか、自分の手の負える範囲でやらず人を沢山使おうとすると追加資金をどんどんお願いされて行くも地獄、戻るも地獄みたいな状況になってしまうというお手本のような状況ですかね。もしかすると台本に沿ってやっているだけで裏ではすごく順調に進んでいるのかも?

 

お店は東京都渋谷区宇田川町の東急ハンズの近くにある綺麗なビルに入っているようです。GoogleMapで外観を見る限りすごくきれいなビルでこれは企業で借りるのも大変なくらい良いビルなんだろうなと思います。月300万円でも納得のお値段、しかも店舗とかオフィスって借りるのに莫大な敷金とか、中途解約に沢山のお金が掛かったりして個人で借りるにはちょっと無理があるくらい高かった記憶があります。

 

 

今回は、元々居抜きで借りた物件のようですが今回は配管のダクトが足元を通っているせいで、床下がデコボコしていたり壁の砂がボロボロ取れてしまったり席が8席になっていて回転効率が悪いとか細かいところを指摘されて2,3千万円必要だというところで宮迫さん突っ伏してましたね・・・。宮迫さんって時計好きとしても有名っぽくて3000万円くらいする時計を持っているので時計の価格が高騰している今であれば高く売却できるでしょう。

 

やはり事業はあまり背伸びはせずに自分の手の届く範囲でやらないと大変なことになるんですね、小さく初めて経験を積んでから徐々に広げていくというIT業界的にはアジャイルなやり方をやる方が事業の始め方としては正解のようです。でも、これエンターテインメントとしては大成功ですよね?

 

ぽん太
ぽん太

牛宮城再生企画、ひょっとしてすごく面白いのでは・・・?


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました