次へ

【衝撃】年収が安い仕事が楽とは限らない・・・!安給激務は質の良い仕事へ転職を。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

年収が安い仕事が楽とは限らない・・・!

年収300万より600-800万の仕事の方が楽なバグありますよね。
未経験だといきなりそこにはいけないんですけど。

めちゃそれ今。
緩く生きるつもりが、質の悪い環境と人間達が多くて全く休まらない。
ただその環境に同化できたら緩く生きれそうだけど、
私の性質上それは逆にストレスになった。

日系企業はそう言うところもあるかもしれないけどね…

年収300万円の仕事についてまったり働ければ薄給でもいいやみたいな考えで就職すると薄給激務でひどい目にあったり、危険な作業でケガをしてしまったりとひどい目にあった人もいらっしゃるのではないでしょうか。年収300万円というと工場の軽作業とか地方の中小企業とかで働いて月収25万円、ボーナスは1か月とかで働くとそのくらいの年収になるでしょうか。

 

でもそういう会社で働ければ楽かというと一概に楽ということはなさそうです。私の知っている限りだと、昔知り合いが努めていた地方都市の広告会社は平然と夜中まで業務がある割にはいまいち給料が高くなく年収300万円で夜1時とかまで仕事をしていたような記憶があります。なんとも言えませんが、私は安いから楽だろうという安易な気持ちで仕事を選ぶことはありませんが、この辺は必ずしも給与と結びつくわけではないというところでしょうか。

 

 

そもそも業種や会社の立ち位置、業務内容と社風などはしっかりと入社前に確認するのが良いでしょうね。仕事って、儲かる仕事は楽にお金が稼げる。傾向があると思うんです。米国の仕事でいうとMicrosoft、Amazon、Google、FB、Appleなどみんな、努力や根性と個人の頑張りで売り上げが上がるような仕組みにはなっていないですよね。そしてこれらの企業の利益を上げている部門は、サブスクリプションなど一定のお金が毎月入る仕組みになっていて非常に安定して売り上げが立つようになっていますよね。

 

安定して売り上げが経つので休みやすかったり、売り上げが立ちやすければ経営者側も従業員の給料も上げやすいんじゃないかなと思います。なので、給料が安い=簡単で楽な仕事と思わずに是非とも給料の高い優良で質の高い仕事を選んで行ったら良いんじゃないかなと思います。

 

ぽん太
ぽん太

まったり高給で働きたいです…。

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

仕事の話
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました