SBI証券のNISAランキングがカオスになってしまう。日本人は逆張りが大好き。

こんにちわ!ぽん太です。

 

たまにチェックしているSBIの習慣買付金額ランキング(NISA)ですが、たまに見るといつも面白いことになってますよね。日本人は逆張りや短期トレードが大好きなように見えます。わざわざNISAでギャンブルする必要はないと思うんですけどね。

SBI証券のNISAランキングがカオスになってしまう。日本人は逆張りが大好き。

いつもカオスなNISAの買い付けランキング

日本では株式投資はトレードするもので株価が下がったら購入し上がったら売却して利益を出すものだと考えている人が多いと思います。しかしながら投資の王道は全世界分散投資などのインデックス投資でありこういった短期トレードと言うのは非常に難易度が高いものです。普段あらメンタルトレーニング含めてギャンブルに慣れていないとすぐに大損してしまうと思います。

Q「なぜパチンコに?」客「金ないんですよね。だから増やさないと …

日本は駅前にパチンコ屋などがあり競馬、競艇、競輪など身近にギャンブルができる環境があるせいかとてもお金をかけたギャンブルが好きなイメージも有ります。海外のカジノなどはあくまでも観光客用で自国民は立ち入り禁止だったり入場料金が高いなどの制約を設けている国も多いです。

 

ギャンブルは自分の限界を超えたリスクをとっている時が非常に楽しい(体験談)、生活費や使っちゃいけないお金をかけてやるギャンブルほど脳内麻薬がガバガバ出ます。株式投資やFXなどはサラリーマンが投資をするには丁度良いと思います。基本的に勝てないギャンブルなどやるべきではないと思います。

 

 

バフェットも失敗した航空株、株券印刷業と揶揄される日本のバイオベンチャー。

航空株は確かに現在は下落して買い時にも見えますが、世界1の投資家ウォーレン・バフェットが航空株を買い増したことは失敗だったとはっきり認めて、バークシャーハサウェイは航空株を売却しています。

 

日本航空やJALは現在は非常に業績が悪化しており日本航空は採用計画を停止しました。これは中期経営計画などの今後の見通しが全て吹っ飛んで見通しが立たない状況になっていることを示しています。航空会社が全て潰れるとは思いませんがオーストラリア航空2位のヴァージン・オーストラリアが経営破綻するなど現在の航空会社への投資は完全に逆張り投資で勝率の低い投資になっていると思います。

 

また日本のワクチン開発は、大手が積極的ではない状況でバイオベンチャーのアンジェスなどが手を挙げている状況ですがアンジェスなどは一部で株券印刷業者などと揶揄される始末。開発とか研究って膨大な手順と手間をかけてやるものですが、エンジニアをしている私としても日本はそういうものに対しての理解が非常に薄い・・・。手間を省けと言う支持しか出ずまともに開発すらできない現状、研究でも似たようなことが起きてるんでしょうね。わざわざ金と時間をかけて販売までこぎつけられるかわからい物など、誰も着手しない状況。JNJなど利益度外視で資金提供を実施しているんですけどね。

非常にボラティリティの高いアンジェス株

日本のバイオベンチャーは去年サンバイオが株価1万円を超えてから6連続ストップ安を付けるなど異常にボラティリティが高く初心者が入れるような株ではないので注意しましょう。

 

ぽん太
ぽん太

NISAランキングはいつ見ても、逆張りとギャンブル的なものがランキング上位にいるなぁ。数日前までは原油が1位だったような・・・。

本日は以上です!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました