スポンサーリンク

(SBIバンガードください)こいつ直接脳内に・・・SBIバンガードが積立NISAで買えるようになっている件。

iDeco・積立NISA

ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

こんにちわ!!ぽん太です。

 

米国株なんてファミチキ買うくらい簡単に買えば良いと思います。そんな米国株に投資する上で最も手軽で低コストなSBI・バンガードが積立NISAで買えるようになっていました。きっとSBI・バンガードが2018年くらいに出ていたら私もこっちにしていた可能性が高いですね。

 

今から始める人にはこれもお勧めな1本になっていますのでゆるふわっと説明していこうと思います。

 

(SBIバンガードください)こいつ直接脳内に・・・SBIバンガードが積立NISAで買えるようになっている件。

SBIバンガードはすでに純資産額100憶円を突破。ひふみ投信は5000億円強、楽天VTIは700億円くらい。

正式名称「SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」はおすすめ度が高いです。バンガードのS&P500ETFは海外のETFなのでドル転や配当金の外国税額控除も必要なくバンガード社のETFに投資できる優れものだからです。

 

私もSBI・バンガードの投資先であるバンガードのS&P500ETFに大きく投資していますが、ドルへの変換や、外国税額控除が自分で必要となるため大変めんどくさいのです。趣味でない限りはこちらを買ったほうが良いと思われます。最初の頃はこの辺については私もわからなかったので米国のETFを買い付けていましたが今年初めての確定申告をすることになり、これがまた面倒なこと・・・。今作ったのはブログの白色申告の方ですけどね。

 

ノーロードな上、信託報酬も0.0938%程度ど私が購入している楽天VTIよりも安くS&P500ETFに投資ができてしまいます。恐らく私が始めたのが今であれば、eMaxisSlimとSBI・バンガードと楽天VTIで迷ったことでしょう。今だと「eMaxisSlimとSBI・バンガード」が有力だと思いますので是非知ってもらいたい1本です。

 

積立NISAに申請していたのですが、すでに積立NISAでも買えるようになっていました。この記事を読んでくださっている方でもすでに購入されている方もいらっしゃるのでは?と思います。私は楽天VTIへの投資が揺らいでしまうのであんまり見ないようにしていますw

 

 

中身はバンガード社のS&P500ETF、インデックス投資のコストリーダー。

バンガード社とS&P500については、米国投資の世界では最も有名と言っても過言ではないスタンダードになっていますね。私の運用資産の大部分もここに投資してあります。バフェットのバークシャーハサウェイでも指標として採用されて、S&P500よりも運用成績が良ければインセンティブが出るそうです。

 

プロの投資家の平均値と言ったらS&P500のようですね。アクティブファンドが、1年間S&P500をアウトパフォームする確率は約31%で、5年間アウトパフォームする確率は21%程だそうです。

 

余計なことをするよりも大人しく手数料が最も安いバンガード社のS&P500に投資していくのが最も賢明な答えの一つに感じますね。

 

 

 

 

 

ぽん太
ぽん太

1年投資を始めるのが遅れていたら別の選択肢が出てきていました。

本日は以上です!!

 


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 


投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました