【ポイ活】電子マネーの楽天ペイでキャンペーンポイントが到着しました!!ポイントざくざく。

 

こんにちわ!!ぽん太です。

 

楽天ペイでずっと5%還元キャンペーンをやっていました。電子マネーを使うと増税後でももはや増税前よりもお得な感じになっています。各社の還元キャンペーンやそもそも電子マネーを使うとキャッシュバックがあるので、いつもよりもお得に買い物ができます。

 

今や、コンビニの無人レジなども導入されてさらに電子マネーを使うと便利な感じになっているのですが今日はその一環で楽天ペイのキャッシュバックが来たので記事にしていきたいと思います。

 

【ポイ活】電子マネーの楽天ペイでキャンペーンポイントが到着しました!!ポイントざくざく。

 

 

2019/10/1(火)0:00~12/2(月)9:59までのやつかな。

楽天ペイでは10/1~12/2までの期間で楽天カードを設定した楽天ペイで購入額の5%分がキャッシュバックされてくるキャンペーンをやっていました。政府でも推進している電子マネー化の政策にのっとって、私も去年くらいからすべてを電子マネーに切り替えをして、利用していますが数万円以上のキャッシュバックをもらっています。

 

20%キャッシュバックをしていたペイペイのキャンペーン、JCBカードの20%キャッシュバックキャンペーン、楽天ペイのポイントバックキャンペーンなどを乗り継ぐと毎月数千円のキャッシュバックがもらえるのでとってもお得だと思います。私の周りを見た感じだと半分くらいの人が電子マネーを利用している感覚ですがおそらく、他の会社などに行くともう少し割合が下がるんじゃないかと思います。

 

今回のやつは5%キャッシュバックですが、カードのポイントも1%つくので利用額の6%も戻ってきます。とってもお得になるので、まだ利用していない人がいたら是非使ってほしいと思います。

 

 

電子マネーの普及率は年々増加中。政府が推進するものには乗るほうが吉。

左)電子マネー保有世帯・利用世帯の割合の推移・右)電子マネー利用世帯の1か月間の平均利用金額の推移 出所:総務省統計局

電子マネーの保有世帯割合と、1世帯当たりの利用額が統計局にまとまっていたので参考にさせてもらいました。2018年で保有世帯は59%で利用している世帯は50%と出ているので、大体私の肌感覚とあっている感じですね。利用額も年々増えているようです。

 

政府も後押ししている電子マネーですが、政府が後押ししているものは疑わずに乗っかるほうが大体お得だなと思っています。「貯蓄から投資へ」のNISA制度、過去にあった電力の固定額買取、ふるさと納税など政府が後押ししたものは大体、政府のメンツにかけて成功させようとするので利用者に不利益が来ることはそんなにないのかなと思っています。

 

今では損するといわれている年金制度も始まった当初は、皆不信感があったそうですがその当時に入った人は大体得をしているはずです。早いほうがお得度が高いような気がします。

 

もしもまだ電子マネーを使ってない方がいたら是非興味を持って初めてほしいと思います。

 

 

ぽん太
ぽん太

電子マネー系は今のところデメリット少ないのでお得ですよね。セブンペイみたいな例外もありますが・・・。

 

本日は以上です!!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 


 


投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました