スポンサーリンク

【 iPadPro用】Ankerのウルトラコンパクトキーボードを買ったのでレビューします。

趣味
Ankerのウルトラコンパクトキーボードとロジクールのゲーミングキーボードです。

 

こんにちわ!!ぽん太です。

 

今日はAnkerウルトラコンパクトキーボードを買ってみたので、レビューして行きたいと思います。Amazonで2,000円で購入できてそこそこちゃんと動きそうだったのがこれなのでiPad Proを活用して行きたい私はとりあえずポチってみました。

 

キーボードの前段知識。

文字を入力する作業をする人にとってはキーボードは非常に重要となります。特に安物のキーボードとちゃんとしたキーボードでは入力のしやすさが雲泥の差で、長時間文字入力の作業をするのであればちゃんとしものを買った方が良いとおもいます。

 

メンブレン方式、メカニカル、静電容量無接点式と大まかに3種類のキーボードがあり、メカニカルと静電容量無接点式がオススメです。私はいつもメカニカル式を購入して使っています。静電容量無接点式はRealForceとHHKBが有名で高価ですが独特の打ちやすさと圧倒的な耐久性を誇っています。

 

触ったことがなければ、ヨドバシカメラなどで展示されているので触ってみると良いとおもいます。大体メカニカル式が1万円くらいからで、無接点容量式は2万円くらいになります。

 

キーボードソムリエとして、大体全部触っていますがちゃんとしたキーボードは全く手が疲れないので本当にオススメです。

 

Ankerのウルトラコンパクトキーボードを買ったのでレビューします。

キャプチャー画像にはってあるのはAnkerのウルトラコンパクトキーボードとロジクールのG-PKB-001というゲーミング用途のメカニカルキーボードです。ロジクールのキーボードはRGBカラーでピカピカ光ります。なぜか最近会社の若い女性に人気で何人かゲーミングキーボードを買っていましたw1万円くらいで購入できるのでこれはこれでお勧めです。

 

私のデスクですが、iPadPro11と比べるとこんな感じになります。iPadPro11より5,6㎝くらい大きいですね。

 

そして下にあるのが今回購入したAnkerのキーボードですね。サイズ感は写真の通りiPadよりも少々大きいです。Appleのマジックキーボードにそっくりですが、マジックキーボードはアルミ製で作りもしっかりしていますが、こちらは樹脂製で作りは安っぽいです。安っぽいというか、1万円のキーボードと2,000円のキーボードを比べるのがそもそもの間違いですねw英字配列なのでJIS配列になれている人は注意が必要かも知れません。

 

Ankerのキーボードは2,000円と格安でiOSやiPadOSのキーボードとして使えることが売りです。作りは安っぽいとは言え、見た目は綺麗で値段に対しては十分に良いと思います。樹脂製なので非常に軽く単4電池2本で3か月動作するということなので、持ち運びにはすごく便利そうな気がします。

 

ちょっと家の中で移動しつつ文書作業をしたり外出先でちょっとしたメモをしたりするには良さそう。

 

打鍵感は流石にこれだけ薄いので普通のコンパクトなキーボードのそれですが、ノートPC据え付けのキーボードくらいの打鍵感はあり、悪くはないかなと思います。多分iPadケースと一緒になっているやつよりはだいぶ良いかな。そこそこ使えそうです。

 

そもそも私が家の外でこういったものを利用することがあるのか?カフェでiPadとこれでブログ編集してドヤァ!!ってしてみようかな。家の外でPCを使うことはないという結論に至っているんですけどね~。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。文書入力、プログラミングやブログ編集には必須のキーボードですが、色々と使ってみて自分に合うものを買ってみると良いと思います。

 

iPadProやiPadを買ってみたけど今一使い切れていない場合は、試しに買ってみるのも良いかも知れませんね。買ったばかりなので、使いこなすために色々と試してみようと思います。

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

 

ぽん太
ぽん太

去年iPadPro買ったんですが、アニメ視聴端末と化していたのでこれで文書編集マシンとしても利用してみたいと思います。

 

本日は以上です!!

 


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 


 

 


投資記事が集まるサイトです。



 

 

タイトルとURLをコピーしました