【米国株】Netflix競争激化で今後生き残れるか

スポンサーリンク
成長株

こんにちわ!!ぽん太です。

Netflixは過去10年間で8500%以上値上がりしてきた米国のハイテク銘柄ですね。

S&P500にも含まれる銘柄なのでS&P500に投資をしている方は、間接的に保有している銘柄になります。

そのNetflixですが、ストリーミング配信サービスでぶち抜いてTOPを走っていましたがストリーミング配信サービス業界?にもそろそろ
大きな転換期がやってきそうです。

f:id:ponta-stock:20190710222553p:plain

凄まじい勢いで上昇を続けるNetflix。今後この成長が続けられるか。

スポンサーリンク

ディズニーの動画配信サービスがスタート

f:id:ponta-stock:20190710222630p:plain

動画配信サービスで暴騰したディズニーの株価。長期ホルダーの方が羨ましい

今年サービスを開始する「ディズニー・プラス(Disney+)」ですが、6.99ドルでディズニーのコンテンツが見放題。
これは世界中で激しく人気になりそうですね。

ずっと個別で買おうか迷っていましたが、動画配信サービス発表のタイミングで爆上げしてしまい、買いそびれてしまいました。

VOOとVTIに入っているのでいいのですが、これはNetflixの強力なライバルになりそうです。

ディズニーファンは世界中にいるしお子さんがいる家庭では、みんな入るんじゃないかってレベルで人気が出そうですね。

日本でもディズニーキャラは大人気ですし、ディズニーだけにあらずピクサー・アニメーション・スタジオ、ルーカスフィルム、マーベル・スタジオを参加に入れているので、
スターウォーズやマーベルのキャラまで参加に入る可能性が高いですね。

アメリカの人気キャラクター勢揃いくらいの勢いで。

これは売れ無いわけがない。

 

 

AT&Tのストリーミング配信サービスも2020年に。

f:id:ponta-stock:20190710222711p:plain

高配当利回りで有名なAT&T。株価ヨコヨコを動画配信サービスで抜け出せるか。

AT&Tはずっと株価が低迷していますが、それはワーナーメディアを買収し資金繰りが少し悪くなっていたからです。
事業再編中で、収益が上がるのはこれからって感じで沈黙して今いたが、2020年から動画のストリーミングサービスを開始するようです。

ワーナーと言えば私の世代はバッグス・バニーのアニメで毎週ロゴをみていた気がします。子供の頃はワイリーコヨーテと、ロードランナーをいつも楽しみにみていたなぁ。

この動画配信サービスがうまくいけば、AT&Tの一連の買収活動と事業再編も成功するわけで株価がヨコヨコだった状態から復活の兆しを見せるでしょう。
株価に関してはベライズンにずっと後塵を拝していたわけで反撃が期待されていますね。

キャラクターのIPとしては、ディズニーのほうが強そうに思いますが、アメリカNo1のキャリアが行うわけですから影響力がないと言うことはないはずです。

それなりに収益化するのではないかな。日本だとDアニメとか優秀っぽいですけどそこまで流行っていませんけどね。

 

 

一人勝ちしていたNetflixはついに厳しい競争の世界へ入るか

私はAmazonPrimeに加入しているのでAmazonPrimeVideoで満足しているわけですが、Netflixは動画サービス単体で約1億4900万人の加入者がおり、
世界でもTOPの座を築いてきました。

このまま先行者利益を守り続けることができるのか、それとも全てが共存し繁栄するのかわかりませんが、AT&T以外の2社はS&P500に含まれているので
共存共栄を願うわけですが、どちらにしてもここに日本の影などなく米国企業同士の戦いになります。

そしてストリーミング配信サービスの市場が大きくなればS&P500を通してインデックス投資家には恩恵がくるわけですから米国の3社には頑張って欲しいし、
楽しみですね!

Netflixに個別に投資をされている方は今後の動向を中止していく必要がありそうです。

本日は以上になります!

 

 

1日1回応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました