スポンサーリンク

米中貿易戦争発生による影響と今後について

相場

こんばんわ。ぽん太です。

今週は、週明けからのラッシュと夜勤でブログに触れることができませんでした。
夜勤を終え寝起きの状態ですが、今週はいろんなことがあったのでまとめたいと思います。

その間に世界の情勢と金融市場が大きく動き、その変動は私にも直撃しています。

その体験を踏まえて、今の情勢を説明していきたいと思います。

 

トランプ大統領による関税引き上げの宣言

5月6日にトランプ大統領が関税を引き上げる宣言をしました。
これは中国側が、約束内容を不当に引き延ばしていると宣言し中国側の逃げ道を潰すための宣言であったと思います。

このことにより、4月はずっと上昇相場であったところが一気に崩壊し、下落相場に見舞われました。

その後、中国と米国で協議が続いていますが、中国側も報復関税の宣言をしており今日米国で行われる会談次第で
さらなる関税の引き上げが発動するかも知れません。

関税が引きあがると中国のGDP成長率を1%押し下げ日本も0.48%下がる試算があるため金融市場は混乱しています。

5月10日が関税を引き上げると宣言された日なので今日のトランプ大統領の発言に注目が集まっている状況となります。

中国が譲歩をするか、宣言通り両国関税の引き上げを実施するのか、私も注目してみています。

中国側の状況を考えると単純な譲歩はしないのではないかなと私は思うのです。

米国と中国が両社で譲歩しあうような絵が私にはいまいち、見えません。

そうなると関税の引き上げが来るかも知れません。

この状況を踏まえて、過去最高価格であったS&P500は大幅に下落しました。

2945,64でまで上昇していた2,870.72まで下落し4月の上昇相場をすべて吐き出すような形になりましたね。

主要な個別銘柄も軒並み下落し、12くらいまで下落していたVIX恐怖指数は19.11まで一気に上昇しました。

ドル円も安全資産である円が買われ、一時112円台まであったドル円が109円台まで下がってしまいました。

 

 

私の状況と今後について

私の状況なのですがこの相場が、私の資産を直撃しています。

一時期60万円ちかくあった含み益が一気に圧縮され、30万円くらいまで来てしまいました。

恐ろしいほどの下落に戦々恐々としていますが気にしないことにしました。

この後、本日の夜には結果が発表され関税引き上げであれば更なる下落へ、譲歩による合意があれば、一気に相場が上昇に転じる
と思います。

下落に振れた場合私の、含み益はさらに半減すると思いますが、絶好の買い場ともなるわけです。

今まで欲しかったけどちょっとづつしか買えなかったVOOが沢山買える!!
SPYDも、ナンピン買いできる!

ということで、短期の目線で見ると大きく動いていますが、長期の目線で見ると殆ど気にするほどの相場ではありません。

相場の下落後、恐らくトランプ大統領の経済政策などで株価上昇の話題になるでしょうから、買い込むチャンスになると思っています。
特に今まで高いなーって思ってたETFに関しては買いこみのチャンスですね。

ですので長期の目線で見ればどちらに転んでも、個人投資家にとってはチャンスになるわけです。
私の今の含み益は、2018年末の下落相場の際に購入したことで得られた含み益ですし。

皆さんも資産が下落することに対する狼狽売りには気を付けつつ、この下落相場をチャンスに変えていきましょう。

また、今日から更新を初めて行きますのでよろしくお願いいします!

過去の貿易戦争についての話はこちら!

www.ponta-money.work

 

1日1回応援お願いします!


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました