次へ

【悲報】日銀黒田総裁「日本の家計が値上げを受け入れている」

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【悲報】日銀黒田総裁「日本の家計が値上げを受け入れている」

日本銀行の黒田東彦総裁は6日、東京都内で講演し、商品やサービスの値上げが相次いでいることに関連し、「日本の家計の値上げ許容度も高まってきている」との見解を示した。さらに、持続的な物価上昇の実現を目指す上で「重要な変化と捉えることができる」と指摘した。

一方、家計の値上げ許容度が高まっているとした6日の発言について「必ずしも適切な言い方ではなかった」と述べた。総裁は同日の講演で、「企業の価格設定スタンスが積極化している中で、日本の家計の値上げ許容度も高まってきているのは、持続的な物価上昇の実現を目指す観点からは重要な変化と捉えることができる」との見解を示していた。

日銀黒田総裁の発言が話題になっていますね。

日本の家計の値上げ許容度も高まってきているという発言が話題ですが、私たちは円経済圏に守られてある程度の円安からは守られているわけです、円経済圏はかなり大きいですし企業も沢山ありますから多少円安になっても商品価格に反映せず企業が耐えてくれているわけですね。でも今回は円が3割近く下がっているわけですから流石に輸入している企業は耐えきれずに値上げに行ってますよね。

 

今後建材とかも値上げするでしょうから家も、燃料ももうとにかく色んなものが値上げしていくでしょうね・・・。我々は企業が値上げすると言えばそれに従うしかないわけで、値上がりした商品を買うかそれとも今まで購入していたけど我慢してやめるかの二択しかありません。AppleのMacbookも値上げしてしまいましたね・・・。

 

 

買うか、買わないかしか選択肢が無いわけですからそこに許容度なんていうものは無いんですよ、貧乏で買えないなら買わないし、お金があって値上げを我慢できるなら買う。ただそれだけで抵抗する権利も無いです。日本企業は普段、貧乏な国民相手に何とか値上げしないようにしてくれているので感謝しかないですが・・・。

 

物価が上がっていくのであれば、それに合わせて給料が上がっていかないといけないのですが今回はコストプッシュ型のインフレとなるのでその値上げの中に社員の給料分の値上げはきっと入っていないですよね?そうなってくると給料をもらって働いている私たちは厳しいばかりですね。あまりにも急な円安になっているので日銀総裁としては円安方面に行くような発言は出来るだけ控えておいた方が良かったような気がします。

 

ぽん太
ぽん太

今の円安が良いか悪いかは、あとから振り返ってみないとわからないですけどね・・・。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました