次へ

【も終国】ひろゆきさん、「日本人を減らす方法はこれ」。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【も終国】ひろゆきさん、「日本人を減らす方法はこれ」。

出産・育児の費用をできるだけ高くする。 大学に借金をしないといけないようにする。

育児・出産で離職した場合に社会復帰しやすい仕組みを作らない。

税金、社会保障を高くして、若者に子供が欲しいと思わせないようにする。

子供の騒音に文句を言う

こんなひろゆきさんの分析は意外と的確なのかも知れません。

リンク先の記事では出産の費用が高騰しているが保険適用には慎重に検討が必要というような記事になります。都内では出産にかかる費用が52万円と一時金が支払われてはいるもののかなり費用が必要になるとのことです。私も結婚したばかりでもしかしたら子供を授かるかも知れないので、最近はこういった話題が気になります。

 

ひろゆきさんの話が全て的確な話だとは思わないですが、現在の政治は社会保険料が沢山かかるような制度を樹立しその社会保障制度を維持するために社会保険料をどんどん値上げ、さらにはその財源が足りなくなるので消費税など税金を引き上げた結果、高齢者への保証を維持するために若者を圧迫しがちな社会が出来上がってしまっているのは否めないと思います。

 

 

社会全体だけではなく、会社でも年功序列制度が根深くのこり勤続年数で給料が決まっていくので若いうちは稼いでも給料が安くこれじゃあ、結婚も出来ないし出産し子供を育てるなんて思えるのは30代中盤くらいにようやく金銭的に出来るかなと思いますがその頃にはもう年齢的に結婚・出産が厳しい状況になっていますよね。

 

若いうちは苦労を・・・なんて話ではなくて苦労する分報酬もさっさと与えないと結婚・出産も出来ず結局は国民全体が厳しい状況になってしまいます。今年は81万人と最悪の出生人数なのでもう検討する時期はとっくに終わり少しでも子供を産む家庭に有利になるような制度を作っていかないといけないんですけどね。もはや手遅れ。

 

私一人が騒いでどうにかなる問題でもないのでなるようにしかならないので、見守るしかないんですが減るところまで減って最悪の状況になった時に初めて制度が改革されて行くのでしょうからそこまで我々は耐えるしかないと思います。何とか立て直せるギリギリのラインでみんながこのままだとまずいことに気づくことを祈るしかなさそうですね。

 

ぽん太
ぽん太

投資で儲かっても国が崩壊したら意味ない・・・。

Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました