次へ

1ドル500円の時代がやってくる?伝説のディーラーが警鐘。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

1ドル500円の時代がやってくる!?伝説のディーラーが警鐘。

――この円安はどこまでいくと思いますか。

「僕はかなり行くと思っています。1ドルが400円、500円になってもおかしくない。1000円になったら日銀はもうつぶれてしまっているでしょうね。日銀が債務超過になったら紙幣は紙切れ、石ころと同じです。そうなれば1ドル=1兆円でもおかしくない。天文学的数字になると思う。インフレというのはモノとおカネの需給関係で起きるものですが、ハイパーインフレというのはそれと異なり、中央銀行の信用失墜で起きるものです。インフレとハイパーインフレは経済的な意味がまったく違う。そして中央銀行の信用失墜の最たるものが債務超過です」

1円が500円になる時代が来るそうですw

円安も大分進んで128円付近ですが何とか一服しましたね、私は米国株の現物が多いので円安ドル高は一応今までの資産がドンドン増えていくので良い反面、円安で自分の収入が下がってしまうので辛いこともありますね。当面は円高でいてもらって売却するタイミングで円安になっているとおいしい思いが出来るかも知れません。

 

何にしても、円高にしても円安にしても進んでくると結構極論が出てくるんですよね。1ドル500円は流石に日本が崩壊するレベルなのでそこまで行くことは基本は無いのでは?と思っています。そもそもロシアのルーブルがあれだけ持ち直しているので国の通貨がそこまでヤバくなることってそうそうないんだなと思います。小国の通貨だとハイパーインフレで悲惨なことになることはありますけどね・・・。

 

 

 JPモルガンはドル・円が来年央に100円を割り込み、10-12月に98円までドル安・円高が進むと見込む。佐々木氏は、90円台まで円高が進んでも日本政府が為替介入に動く可能性は低く、世界的な金融緩和・低金利環境において金融政策面も含め円高阻止は「政策的に難しい」と話す。

ちょっとここで懐かしい記事ですが、2020年のコロナショックの時には1ドルが90円台に行っても日本政府は何も出来ないのでヤバいみたいな、JPモルガンから発信されているんですよね。1ドル90円台とか言ってみたり、1ドル500円台と言ってみたり大分幅が大きくてその時のノリで色々答えているので聞いている側からするとよくわからないですよね。

 

まあ、こんな何年も前の記事をもってきても今の状況とは比較できないのですが・・・。結局この時は反発して110円を超えてしまいました。なので、本当に専門家の意見と言うのも宛にならないですね。S&P500にしてもNASDAQにしても私たち程度の知識や経験で余計なことをせずとりあえず持っておけば世界の天才たちが何とかしてくれると思います。

ぽん太
ぽん太

1ドル500円は流石に行かないだろw

Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

 

相場
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました