次へ

投資におけるリスクとの付き合い方。

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

投資におけるリスクとの付き合い方。

投資を行う以上、リスクと無縁ではいられません。しかし、そんな世界で既に80年近くも投資を行いながら、バフェットは毎年、着実に成果を上げています。

バフェットの投資原則は「損をしない」ことであり、「この原則を決して忘れない」ことです。そのうえで、短期間で急いで金持ちになろうとするのではなく、「ゲット・リッチ、ステイ・リッチ(豊かになり、その後も長期間豊かであり続けること)」(『ウォーレン・バフェット 華麗なる流儀』)を信条としています。

こういうものは先人の知恵に素直に乗っかりたいと思うのが私です。この記事は優良な記事だと思うので紹介しますね。1ページから2ページ目にあるLTCM(ロングターム・キャピタル・マネジメント)のIQ160を超える人たちがいたファンドがレバレッジをかけて最初は成果を上げたがその後、株価の崩落に巻き込まれて崩壊してしまいました。

 

「最後にゼロをかければゼロになってしまうということです」

 

という言葉が記されていますが、どんなに頭が良くても、IQが160あってもハイリスクな投資と言うのはコントロールすることは出来ないんですよね。私はせいぜい100前後くらいだと思うので到底そんなものは出来ないと思うのです。そもそも一瞬で崩落するようなものは意味がないと思うのでやはりお金持ちになりそして持続的にお金持ちで居続けることに価値がある気がしますね。

 

 

価値と価格と言う言葉も若干、インフルエンサーが良く言っているような気がしますがこれも大分怪しい言葉だと思います。〇〇の本質的な価値はいくらなので、今の株価について安全なんていう話はそんなにうまくいくとも思えません。現金1億円が5000万円で売ってたら買いますが、本当にその本質的な価値あってますか?と言うのは少なくともプロでも間違えるものですよね。

 

ましてや素人になどそんなものを推しはかれるのかと言うと大分怪しいですよね。PBR1割れの企業ってあるのかな?って思って調べたら地方銀行がずらりと並んでいます。これは間違いなく価値より価格の方が安いんでしょうが価値を棄損するほど将来の見通しがくらいって事かも知れないですね。

 

何にしてもここ最近株価が不安定なので、安全域やリスクを下げる方に動いた方が良いのでは?と思いました。

 

ぽん太
ぽん太

投資は1回大失敗したら再起不能になりますよね。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

 

時事ネタ
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました