次へ

【インテル】5万円台で作る超コスパ小型パソコン!!性能も良くて快適、かっこいい!

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

【インテル】5万円台で作る超コスパ小型パソコン!!性能も良くて快適、かっこいい!

久々にPCを組みました。家用のPCで超コスパPCを作りたかったのですが事務用や家でゲームなど以外の用途で使うには非常に快速でよいPCが出来上がりました。そしてPCケース的にも将来ゲームなどがしたくなった時にはGPUを追加するだけでゲーミングPCにもすぐに変更できます。

構成はCore i 3の10世代を中心に比較的安価なパーツを採用していきましたが、メモリも16G搭載でNVME直結のSSDも採用し、起動や普段使いについてはもっと高価なPCにも勝るとも劣らない快速な性能を実現。というか最近メモリもSSDも安すぎますね・・・。NVMEのSSDが7000円で購入できるとはという感じです。

ケースは私が愛用しているNZXTのH210を採用しました、白いケースにガラス張りはかっこいいなぁ。しかも小型でも水冷クーラーや大型のGPUも搭載できる余裕があるので良い選択しですねぇ。

INTEL CPU BX8070110100 Core i3-10100 LGA 1200 6MB 3.60GHz 【BOX】:¥ 14,000

NZXT H210 White & Black ミニタワーPCケース:¥ 12,200

ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 H410チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード:¥ 13,111

Corsair CX450M 80PLUS BRONZE認定 PC電源ユニット:¥ 5,394

キオクシア(KIOXIA) M.2 Type2280 SSD 500GB :¥ 7,480

KLEVV デスクトップPC用 メモリ DDR4 2666 PC4-21300 8GB x 2枚 16GB:¥ 7,780

組み立ては1時間ほどかかりました。

作業風景

まずは背面に電源を取り付け、5000円台なのにセミプラグイン式のコルセア電源を選択しました。450Wもあれば今では高性能なPCでも対応できますよね。

表面に起こすとこんな感じ。小型だけどグラボや水冷のスペースは確保されているので高性能なPCを組むことも可能なNZXTのH210。組みやすいしお勧めです。

こちらはAsrockのH410チップセット搭載のmini-ITXマザーです。Wifiもついているし、必要十分な機能がついています。10世代向けのmini-ITXは選択肢が少なかったのですが、購入してみて中々よかったと思います。

マザーボードを組み込んでみるとこんな感じです。真ん中にあるのがCPUソケットですがしかしmini-ITXは小さいですねぇ。普段大きいのを見ているので小型なのがとても羨ましいです。

 

 

マザーボードにCPUをセットしてグリスを塗ったところです。グリスはMX-4を使ってますがあんまりグリスって塗りやすければどれでもいいかなと思っている派です。

インテルリテールクーラーを装着、この渋い感じがたまらん。この後何度かベンチマークにかけるんですが、corei3くらいであればリテールクーラーで十分冷えるようです。

メモリとSSDを装着して配線を取り付けました。この時点で40分くらいでこのまま電源を入れたら1発で起動しました。Windowsをインストールして1時間程度でいったん組み立て作業自体は完了。

置く場所がなかったのでいったん、和室と段ボールの上に設置して作業完了です。10世代corei3はだいたい第4世代のcorei7-4770Kと同等くらいのスコアが出ました。cinebenchR15でいうと800くらい、最新のR23でいうと5000くらいのスコアが出ていました。

 

 

まとめ

メモリもSSDもちゃんとしたものを搭載しておけば、事務用途などでは快速な性能、4コア8スレッドあるので普通の人には必要十分という印象でした。というか通常用途においては私の12コア24スレッドと大差ないくらいの性能が出ますね。何よりも小型で白い筐体のNZXTH210がすごくかっこいい!ちゃんとした台に置きたいところですがしばらくはこの形で耐え忍ぶことになりそうです。

 

ぽん太
ぽん太

高性能なPCがクッソ安く作れるので良い時代になりました。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

 

趣味
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました