最高級キーボード、REALFORCEを購入したのでレビュー。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

株が高すぎていまいちやることがないので、キーボードを購入してみました。

最高級キーボード、REALFORCEを購入したのでレビュー。

高級キーボードに手を出してしまいました。私の後輩で25個以上マウスを購入してデバイス沼にハマっている人を見て手を出すまいと思っていたんですけどね・・・。使って1日目の感想としては、「これ最高だな!3万でこの感動が買えるなら安いもの」です!

 

ではキーボードについてみていきましょう。

キーボードの基礎知識

キーボードには以下の4つの方式があります。

 

メンブレン式

家電量販店に置いてある数千円程度で購入できるキーボードです。キーの中に入っているのはゴムでゴムを押してキーを打検しています。なので押し心地は「ぶにゅんぶにゅん」としていて決して押し心地は良くありません。何よりも安いのが特徴ですね。

 

パンタグラフ式

パンタグラフ式は、ノートパソコンなどに使うように薄くするためのキーボードです。薄いので「パチパチ」と打ち込みますが、あくまでも薄くするためのキーボードです。メンブレン式と比べると薄くて、キーがしっかりと押下できるのが特徴ですね。

メカニカル式

機械式のスイッチが中に入っていて、そのスイッチに支えられたキーを打検するのでしっかりとした打鍵感があるキーボードです。1万円~3万円くらいの価格帯ですが中国製のものだともっと安いものがあります。スイッチの種類に応じて打鍵感が異なります

 

「赤軸」:静かめなスイッチです。スコスコと子気味よい打鍵感で静かに早く正確にタイピングができます。

「青軸」:赤軸とは真逆でカチカチと押下するたびにスイッチの音がします。うるさいですがタイピングしていると音が気持ちよく出るので結構癖になります。

「茶軸」:赤と青の中間くらいのうち心地です。カチャカチャと少しだけ打検音が鳴りつつも静かにタイピングできます。

 

静電容量無接点方式

この方式はREALFORCEとHHKBというキーボードのみで、耐久性が高いのでセブンイレブンのATMのキーなどに採用されています。接点がなく静電気でキーの入力を検知するため静かで耐久性が非常に高いのが特徴。耐久性はもうメカニカル式もそこまで変わらないと思いますが、接点がない分こちらの方が持つのかなと思います。

 

「スコスコ」と独特な高級感のある音を立てながらとても静かにタイピングでき、疲れにくいのでキーボード入力の多い仕事をする人にはお勧めできます。私はITエンジニアなのでうってつけのキーボードではありますね。
プログラマーよりもライターとかブロガーの人にはとても良いものなのではないかなと思います。

 

 

REALFORCEの種類

公式HP

リアルフォースにはいくつかの種類がある。

 

テンキーがあるかないか、APCというキーの反応位置を変更できる機能があるかどうか、静音キーかどうか、日本語キー配列か英字配列か、押下時のキーの重量、アイボリーと黒の2色のカラー。

 

普通の用途であれば、テンキーレス、APC無し、標準キー、日本語配列、変荷重か45g等荷重当たりを買うのが良いと思います。キートップへの印字がレーザー印刷と言う消える印刷があるのでそこは注意したほうが良い。

 

レーザー印刷の場合は黒いキーボードに黄色系の色での印刷となるのでかっこいいんだけど、1年くらいすると消えてくるという悩みがあるので私は一番高くても文字が消えないものにしました。

 

RGBに光るゲーミングモデルがあるのですが、店頭で触った感じ「カチャカチャ」とメカニカル式っぽい打鍵感に調整されていたのであれは一度打鍵感を確認してから購入するほうが良いかなと思いました。

 

開封の儀

箱は普通?の箱に入ってます。昔はもっとただの業務用段ボール箱みたいなのに入っていたとか・・・。

開封するとキーの高さを買えるための下敷きと、キーキャップを取り外して掃除するための道具が入っています。

私が購入したのは「REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」日本語配列(ブラック)PZ-R2TLSA-JP4-BK」で最も値段が高いものです。理由は静音キーの「コトコト」という音が非常に高級感があってよかったのと、右上のREALFORCEのプレートの色が黒のものはこれしかないことです。

 

 

評価

やはり評判通りの打鍵感が売り、「スコスコ」という非常に特殊な打鍵感とともに文字が打てる。メンブレン式の「ぶにゅん、ぶにゅん」という感触に戻ることはもうちょっとできないと思うほど。かといってメカニカル式のカチャカチャという気持ちの良い音でも良いのだが、メカニカル式は今このキーボードを知ってしまうと少し安っぽい気がする。

 

私が購入したモデルは艶消しの黒に黒い昇華印刷のモデルなので見た目もプロっぽい感じがして、飽きが来なさそうな見た目。ハードに文字を打ち込むプロにはまさにこういったキーボードをお勧めできます。

 

REALFORCE最大の欠点は、見た目がダサいことと価格が高いこと!アイボリーカラーのREALFORCEは正に業務用のような見た目だし右上のプレートの色がベースカラーと合わないとすごく変な感じになる・・・。

それを差し置いてもこの使い心地の良さは正にお勧めできる一品です。

 

ぽん太
ぽん太

在宅勤務でPC中心の仕事ならキーボードなどは良いものを使う方が良いですね。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

投資記事が集まるサイトです。



 

趣味
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました