日本人は先天的に不安がる人が多い、明るい未来を信じなさいw

こんにちわ!!ぽん太です。

 

仕事が1日打ち合わせだけで終わりました。打ち合わせが仕事みたいになっているぽん太ですが打ち合わせほど無駄な時間はないですね。LANケーブルで他の人と接続して情報を1Gbpsで送信できたら打ち合わせなんていらないのになぁ。と思うのですがそんなマトリックスみたいな世界はまだまだ先になりそうです。

 

日本人は先天的に不安がる人が多い、明るい未来を信じなさいw

恐怖遺伝子と呼ばれるセロトニントランスポーター遺伝子のせいで、日本人は未来に希望が持てない?
世界で一番「不安になりやすい民族」だといわれている、日本人。不安になることで、未来に希望が持てず、不幸になっていく人が多いともいわれています。 では、なぜ日本人は不安になりやすい国民性なのでしょうか? 実は日本人のネガティブ思…

いや、株の話題ではないのですが皆さんも日々の生活に不安を感じている人が多いのではないでしょうか。日本人は先天的にセロトニンと言う幸福を感じる物質を伝達するための遺伝子が非常に弱いようです。仕事で面談するとみんな不安そうにしてますし、大丈夫だよから始まることが多いのです。

 

投資をやっている皆さんも将来が不安だからと始めたり、仕事が嫌だからと投資を始めてみたり色々な理由があってやっているのではないでしょうか。

 

世界で日本ほど、安全で町が綺麗で生活もそこそこ豊かで快適に暮らせる国など他にはなく、失業しても最悪生活保護が受けられますし、医療も国民皆保険で極割安で医療サービスも受けられますし落ちるところまで落ちても保証が充実している国は中々ないんじゃないでしょうか。

 

元々自然災害が多い国なので、不安が強く危険行為をしない人が自然淘汰的に生き残ってくる確率が高かったという話ですね。

 

漠然とした将来が不安

漠然とした将来と言うのには不安が付きまといます。これはわからないことと言うのが最も不安をあおられるからです。老後は大丈夫だろうか?とかですよね。

 

でも子供の頃にも将来が不安だったり、もしくは授業中にトイレに行きたくならないか不安だったり今考えればつまらないことで不安を感じていたりしなかったでしょうか?私は、テレビで環境破壊のことばっかりやっていて未来では環境が壊れてしまうんだと妙に不安に駆られていた記憶がありますw

 

でも今現在では、環境問題は順次解決されて行っているし30年経った今当時環境破壊で地球が壊れると言っていたような事象はまだ起きておらずむしろ東京の多摩川に鮎が戻ってきたなど明るいニュースも多々出ています。石油もいつ枯渇することやら・・・w

 

今不安に感じていることが将来の自分も同じように不安を抱くとは限らず未来のことは未来の自分に任せるのが吉です。

 

他の人と比べている

他人と比べるのは非常に良くないと思います。私も株の運用とかで資産は1700万円を超えてきましたが上を見ればきりがありません、ビルゲイツと比べて不安がっていてもしょうがないですし、ビル・ゲイツには彼にしかない悩みもあるでしょう。

 

結局自分の幸福は自分の絶対評価でありますし、相対評価は良くないと思います。自分としっかり向き合って他の人に流されない自分だけの幸福を決めて行くのが吉です。

 

幸せは自分の中にあります。他人と比べてないものねだりをするのはやめましょう。

 

目的や目標がなく何となく生きている

何となく生きていると、漠然たる不安を感じると思います。他の人と比べないと言うところと近しいのですが、自分の人生に対して「自分の軸」をしっかりと持つのが大事だと思います。

 

結局会社や社会と言うのは、その組織やコミュニティの役割ににハマる人なのか?と言うことで評価がされていて個性が役割と合わないと評価が低くなりがちです。役割に合わせるために自分の個性を消して生きていると何となく生きているだけになってしまうのでそういうのはやめていきたいと思います。

 

これからは個性の時代ですよ。無理に役割に合わせて生きてもいいことないんだなと個性が強い私が言ってみます。

 

未来は明るいと信じましょう。

 

PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表し、主要国のGDPを予測‐2020年以降、中国の成長は大幅に鈍化するものの、世界の経済力の新興国へのシフトは止まらず
PwCの最新調査レポート「2050年の世界」は、経済規模でみた世界上位32カ国について、2050年までのGDPの潜在的成長に関する長期予想を示しています。

 

PwCが2050年のGDPを発表していますが、2050で日本は堂々の第4位との予想です。人口も減少するし上位の国は人口が10億人とかいるような中国とインドを相手に大健闘している結果ではないでしょうか。海外の企業が日本をここまで評価しているので、日本自体は実はかなりの実力のある国なのは間違いないと思います。

 

日本終わったみたいな声もありますが2050年には日本はまだ世界第4位の経済大国として存在している可能性も十分にあります。あと30年後なので私は66歳となりますがまだ十分に生きているでしょうね。

 

どんな未来が来ているのか楽しみで、技術の進歩などを見守るために長生きしたいものです。

 

ぽん太
ぽん太

実は結構未来は明るいんじゃない?

本日は以上です!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 



投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました