最近話題の米国株高配当投資について。S&P500配当貴族指数に見る高配当投資の難しさ。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

今日は最近話題の米国株高配当投資について、書いていきたいと思います。私は高配当投資は正確に合わないのでやっていないですが、投資においては非常に有効な投資方法だと思いますが、ちゃんと知っていないと途中でリタイアして失敗してしまうような気がします。FXのスワップポイント狙いに近いような、ドMな投資方法だと思います。配当+値上がり益で考えるなら、全世界株式の方が良いんじゃないかと思っています。

最近話題の米国株高配当投資について。

S&P 500配当貴族指数は、S&P 500構成銘柄のうち、過去25年間連続して毎年増配している優良大型株のパフォーマンスを測定している。

米国のS&P500配当貴族指数という25年以上連続増配を続けている指数がございます。こちらは英語のWikiを日本語訳してみたところS&P500をずっとアウトパフォームしているそうです。もちろん配当込みの話だと思います。そしてS&P500と比較してみると価格については良い時も悪い時もありますが基本的には価格だけではS&P500が圧勝しています。

 

特に直近のコロナショックでは、配当利回りが低くPERの高いIT企業が牽引しているところもあり、S&P500に価格面のパフォーマンスでは負けてしまっています。約20%近くも。これを配当利回りの差で取り返していくわけですが最初から普通に値上がりしてくれたら良いのではないか?とか他のやつと比較しても大丈夫な人じゃないと結構厳しいと思います。S&P500ですら、NASDAQ100の方が良いんじゃないか?って思ってしまうレベルなので。

 

 

NASDAQと比べると更にその差は明白。

NASDAQとは100%近い差が。

NASDAQをずっとホールドしているとその価格差は100%以上になります。今現在NASDAQなどのハイテクセクターを多く含んだ米国の指数は凄まじく上昇していてこの世の春を謳歌している状況。今後はNASDAQ、VGT、NASDAQ100などの指数が世界を席巻し、ここに投資をしておけば間違えないと言われる時代が来ても不思議ではないくらいここ最近のNASDAQは強いです。

 

しっかりと市場と連動して、値上がりしていく銘柄を保有するほうが初心者には簡単で配当利回りで稼ぐような投資方法は他のトレンドの銘柄達が値上がりしていくのを歯を食いしばって耐えながら配当の入金を待たなくてはなりません。そこがSPYDをもって見てそこが辛かったです。

 

その代わりボラティリティが比較的に低く、配当利回りは相当な経済的なダメージがない限りは安定してもらえて毎年増配していきます。徐々に配当金が多くもらえるようになり配当を再投資することでどんどん配当額が確実に上がっていくところが非常に魅力的ともいえます。もうここはその人の性格によるところが大きくご自身の趣向や目的によって何を選ぶのかが決まってくるところだと思います。

 

配当金が欲しい!不労所得が欲しい!と言うところから株式投資を始めて合わなかったらS&P500やQQQなどの商品に乗り換えていくことも十分できると思いますし、高配当投資で積みあがっていく配当額を見てワクワクするのもどちらも私はお勧めです。何もしないよりもリスクをとって積極的に資産を増やすということには変わりはないですから。

 

ぽん太
ぽん太

よく考えて自分に合ったものを選ぶと良いと思います。

 

本日は以上です!!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

 

youtubeもよろしくお願いします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました