【つみたてNISA】NYダウわずか1ヶ月で20%の上昇でつみたてNISAとiDeCoはどうなったのか?直近の値動きを解説。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

さて、利用している方も多いと思われるつみたてNISAの話題です。2019年の1月から始めています。当時はNYダウ22,000ドル付近から積立投資を開始しNYダウ29,500ドルという最高値に達し18,000ドルで底を打ち今現在24,000ドルまで復帰しました。

 

基本的には、株価の変動は気にせずに黙々と積立して行こうと思っていますが最近はダイナミックに動くので不安になる人も多いかも知れませんがこういうものは他の人の浅い情報に振り回されずに自分を貫くほうがうまくいくと思います。

 

【つみたてNISA】NYダウわずか1ヶ月で20%の上昇でつみたてNISAとiDeCoはどうなったのか?直近の値動きを解説。

長期で見ると直近の値動きはすさまじいですね。

投資損益がプラスに。

5年のチャートで見るとかなり値動きが激しいですね。24,000ドルを回復したところで私は全体では含み損から解放されました。10年に1度レベルの暴落でしたがここで逃げ切ればプラスで終了できますね。暴落を食らってもこのくらいのものですから落ち着いて対処すればそんなに投資も怖いものではありません。世の中のことは大体落ち着いて対処したらそんなに問題になるようなことは殆どないのです。落ち着いて自分でよく考えて対処するのが大事で、誰かが大恐慌だ!とか予想以上に悪いとか騒いでいるのに流されないのが大切ですね。

 

基本的に投資とはリスクをとる分リスクプレミアムで利益が発生するものなので、続けていれば現金で持っているよりも必ず利益が多く出るようになっています。

 

つみたて投資コーナーはトータルではプラスに。

さて、つみたて投資コーナーの楽天VTIですが特定口座含めてトータルではプラスになりましたね。高値でも淡々と買い付けていたつみたてNISAの方も-29,277円と大分含み損が解消しています。金曜日の上昇相場の反映がまだですからここから更に含み益が増えることになります。しかしつみたてNISAもすでに50万円と3.3万円づつのつみたてですが1年続けると大分大きな金額になったなぁという印象です。仮に少しマイナスでも貯金していると思えばそんなに悪くないかも知れませんね。

 

 

続いて高値から積立始めたiDeCoについて

1.7万円ほどの含み損となっているiDeCo

お金を増やすために始めたiDeCoも今現在は含み損です。これも今は仕方がありませんね、年末調整で大分お金が帰ってくるのでそちらに期待です。2.3万円の投資額だと年末調整で5.5万円ほどキャッシュバックされるのでそちらの方がしばらくは利益が出そうな気がします。

14日に発注されている模様。

iDeCoは最速14日発注のようですね。3月17日発注分などは約定単価9,038円とほぼ大底で約定しています最安値が8,800円が大底だったのでナイス発注という感じですねw

 

毎月の積立になるので暴落相場では下値で拾っていけるのはありがたいです。こちらもあと10%くらいの含み損が残っていますがしばらく24000ドルくらいをうろうろしていてくれればある程度の安値で買い集めて、コロナショックが収束する頃には大いに含み益に貢献してくれるのではないかと思います。

 

ぽん太
ぽん太

長く続けるなら暴落は計画のうち。余計な事せずに、静かに乗り切るのがベストです。

本日は以上になります!

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました