給料日なのでVOOを買ったよ!買付日に丁度株価が下がりました。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

今日は久々に株価が大きく落ち込んでいますね。コロナウィルスの感染により各箇所が混乱している影響が出ていますね。2月24日の21:00時点で約700ドル程度ダウの先物が下落しています。株価が下落しているときに怖いなぁと思いつつもルールなのでVOOへの投資を実行します。25日の0:30に振り込まれて来るので、24日か25日に買付ています。

給料日なのでVOOを買ったよ!買付日に丁度株価が下がりました。

お安くなったバンガードS&P500ETFを買い付け

ということで、VOOを3株、約10万円ほど買い付けました。NYダウが900ドルほど下落しておりVOOも3%程お安くなっていたのでお得に買い物できました。市場が次の日に跳ね返るのか更に下落していくのか、下落していきそうな感じはするんですが、読めないのでルール通りに買い付けました。

 

とりあえず、深読みしない、面倒なことはしないをもっとーに投資をしているので機械的に買い付けを行っていきます。プロの機関投資家のトレーダ―でもない限りはしばらくはルール通りの買い付けが良いかなと思います。市場が落ち着いて上昇トレンドに戻して来たらまた考えようかと思います。

 

 

急な株価変動による狼狽売りにはお気をつけて。

株式相場に1年いただけでも、結構トレンドが大きく変わることがありました。2019年も2018年ほどではないにしろ米中貿易戦争への懸念が増大すると株価が下落し少し落ち着くとまた再び上がり始め、上がり始めるとまた米国と中国が喧嘩を始めて株価が1000ドル~2000ドルくらい下がったりしていました。本気のリセッションだとこんなものではないのでしょうが、株価が下落することはたった1年投資をしただけでも何度も発生しました。

 

リセッションが起こると最低でも30%程度は株価が凹み、債券国である日本円が買われる傾向にあるので、円高になり日本から米国に投資をしている私たちの試算は大きく落ち込むことになるでしょう。しかしながら、何度もいろんな方面で述べられている通り株価が永遠に下落し続けることもなく、また再びいつかは上昇に転じるでしょう。2000年代は10年近く株価が一定のところで低迷していましたがそれでも、20年などのスパンで考えるとどこかで上昇する局面もあると思います。

 

米国1国に集中するよりも本当は、全世界分散投資や他のアセットにも目を向けるほうがより良いのでしょうね。債権やREITなども資産の置き場としては正しいような気がしています。また、現金が少ないと下落時に身動きが取れず厳しい面もあるので現金もある程度は確保しておく方が、心強いのではないでしょうか。今回の下落で焦ったりした場合は少しリスクを取りすぎている可能性があるので、リスクを見直す丁度良い機会になるかもしれませんね。

 

ぽん太
ぽん太

初めて米国株に投資した時も、大きく下落した時に投資したなぁ。上昇でも下落でもあまり一喜一憂せずに普段通りに行動していきます。

 


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました