スポンサーリンク

【SEの仕事術】SlackとZoomでバーチャルオフィスを作る編。台風の日に出社しなくても良い。

仕事の話

 

こんにちわ!!ぽん太です。

 

こないだ髪の毛を切っている時に美容師さん(店長)が台風の中、本社に打ち合わせに行ったという話をしていて、ZoomとSlackでいいじゃないですかという話をしたのが好評だったので紹介しようと思います。

 

Zoom(ZM)とSlack(WORK)は共にNASDAQとNYSEに上場している銘柄でもあるので、少し注目してみるのも良いかも知れません。

 

SlackとZoomでバーチャルオフィスを作る編

 

Slackは仕事でチームワークを行うために、特化してるチャットツールです。日本だとChatWorkの方が有名かもしれません。


Slackの公式サイトより引用


 

画像のような感じで簡単にチームで簡単に連絡が取りあえて、Emailよりも手軽にでもちゃんと仕事のコミュニケーションが取れます。リアルタイム寄りですが電話ほど拘束もないので非常に手軽にコミュニケーションが取れます。

 

・Googleアプリとの連携も簡単にできて、例えばGoogleに自分宛のメールが来たらSlackに通知を送る。

・Googleカレンダーの予定30分前に通知を送る

 

上記のような連携設定が簡単にできるため、非常に使い勝手が良くて仕事では必須になっています。

 

次にZoomですがIDを作るだけで何も必要なく電話会議ができます。無料版だと会議時間が40分に制限されているだけで、何度でも使えます。

 

他にも色々あるんですが通話品質とか画面共有とかを試していくとこれが一番良かったのでこれに落ち着きました。Googleのハングアウトは品質がいまいちだったし、SkypeはMicrosoft縛り感が強かったので。。。



 

何処にいても、スマホ1台あるだけでもしくはPCで簡単に資料を共有しながら会議ができます。

この2つがあれば、基本的に対面で打ち合わせをしなくても良いかなと思ってしまいます。

 

ちなみにGoogleのre:Workでは、チームメンバーがどこにいるか、1か所に集まっているかどうかとかはチームのパフォーマンスとは全く関係ないという研究結果が出ているそうです。

 

 

SlackとZoomを組み合わせて、会議を行ってみる。

Slack起動後に、Zoomを使うのはとっても簡単です。Slackのアプリ管理画面からSlackを登録するだけです。下記の画像のような感じです。



 

その後に、/zoomと打ち込むと下記のようなメッセージになるのでこれに参加するボタンを押すだけでミーティングルームに入って複数人で電話会議ができるようになります。



 

いかがだったでしょうか?SlackとZoomを使うと簡単に複数人での電話会議ができてしまいます。

 

しかもここまでの機能は全て無料です。有償会員になるともう少し便利な機能が使えるのですが一応無料でも十分使えるかなと思います。

 

台風の日に交通機関がマヒしても電車に並んで会社に打ち合わせに行くのであれば、SlackとZoomを使って家から会議をしたほうがよっぽど世のため人のためになると思います

 

逆に言うとこれがあると台風でも家から会議ができてしまうということなのでその辺は善し悪しがあると思いますが、一度導入を検討する価値はあるかと思います。

 

 

ぽん太
ぽん太

台風シーズンが来たけど、狂気のように駅に並ぶのはもうやめよう。

 

本日は以上です!!

 


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 


投資記事が集まるサイトです。



 

 

タイトルとURLをコピーしました