【給与】大手SIerの給与明細を公開します【残業151時間】

スポンサーリンク
仕事の話

こんばんわ。ぽん太です。

今日は好評だった仕事編です。人としての意識もなく、社員番号として働いていた頃の
給与明細が見つかったので公開しようと思います。

マグロ漁船に乗るつもりで借金の返済を考えている方や、とにかく金が欲しい人にお勧めできる内容となっています。

当時は恐らく2013年で今から6年前なので、私が29歳で暑い夏の月だったと思います
※今は労働状態は改善され、月に70時間までしか残業できないようになったそうです。(もっと早くやってくれ(^q^)

ユーザー子会社にあたり全グループ社員で6万人くらいかな。ITのグループだけで3,000人くらいの規模でした。

業界ではNTTデータやNRIなど最大手がありますので立ち位置的には中堅ですが最大手に転職した人もそんなに給与は変わらないと言っていました。

 

スポンサーリンク

大手SIerの残業の給与明細を公開します


勤務時間

残業合計:151時間

内訳
出勤日数:23日
振替出勤日数:5日
平日普通残業:71時間
休日普通残業:45.5時間
平日深夜残業:25時間
休日深夜残業:9.5時間

支給

総支給:689,757円

内訳
基本給:233,400円
シフト勤務手当(夜勤):2,750円
営業所手当(東京):6,000円
住宅手当(東京):25,000円
寮補助手当(東京には寮がないため支給):12,500円
小計:279,650円
平日普通残業代:172,229円
休日普通残業代:118,119円
平日深夜残業代:75,641円
休日深夜残業代:29696
残業代合計:395,685円
通勤手当:13,310円
自社株奨励金:1,000円
その他:292円

控除

控除合計:184,860円

健康保険:18,565円
厚生年金保険:39,400円
雇用保険:3,442円
所得税:49,770円
住民税:10,300円
懇親会費:583円
その他控除(財形貯蓄等):62,800円

手取金額:504,897円

 

 

29歳がもらうには、いい金額ですよね。人間の生活ではないけど。

今、振り返るとすごい金額と稼働時間だなぁと思います。

振替出勤が5日なので月に3日しか休んでいないですね。もっと凄い人もいると思いますが。これ一応頭脳労働職なんですけどね。

プロジェクトが大体半年~1年くらいのものが多かったので、提案から立ち上げと契約完了後の収束まで含めると1年ちょっとくらいこのような生活が続きました。

閑散期で60時間~の残業時間でしょうか。この1年はずっとこんな感じで年間の残業時間は1000時間を超えていましたね。

当然、仕事が終わらないからこれだけやっているわけでストレス度も高く、夜勤明けや徹夜明けに朝変えれればスロットを打ちに行っては、3万以上負けて
残業代を相殺していたような気がします。ここまで行くともはや何もできないのでお金は貯まるんですけどね。

最終的には、基本給が32歳くらいの時点で27万円くらいまで上がりますので最後の方はもう少し給与が上がり、残業代の単価も上がっていました。

しかし、基本給と手当よりも残業代が倍近い状況ですので残業しない月があると(幸い私はありませんでした)一気に金がなくなるという状況で、
常に残業を60時間くらいしていないと生活が回らないという悲しい状況でもありました。

定時で帰れてるやつらに羨ましく話しかけると、金がないを口にするという地獄w

結局ここまで働くと、家事をアウトソースする羽目になるのでその費用も馬鹿にならないんですよねぇ。(外食やクリーニングなどなど)

夜なんとなくコンビニで3,000円くらい使ってみたりとか。ここまで行くと、お金を健全に貯金しようという発想すらないんですよねぇ。
正直明日、生きて出社できるかどうかわからず明後日のことなんて考えてたらメンタルをやられますからw

最近では大分業界全体で改善の動きがあるようでここまでの残業時間はもう大分少ないと思いますが、お金が欲しい人で商社などで営業マンがしたくない人にはお勧めです。
ただし、SEになるとお客さんとの打ち合わせ時間は営業よりも長く、困難な打ち合わせが多くなりますので受け流すコミュニケーション、折衝技術と言うのは必須になります。

お客さんと合いたくない人は技術系特化でWeb系の企業に行くほうがいいかなと思います。給与はここまでよくないと思いますが。

自分語りになりましたが、本日は以上になります!!

この会社から転職した話です。
www.ponta-money.work

この給料をもらって感じた年収1000万円についてです。
www.ponta-money.work

 

1日1回応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました