【転職】月間平均残業90時間の大手から月間残業時間30分の中小企業に転職して思うこと。

スポンサーリンク
仕事の話

昔は本当にこんな生活していたなぁ。

こんばんわ。ぽん太です。

今日は、昔の思い出を振り返りながら仕事について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

月間平均残業90時間の大手から月間残業時間30分の中小企業に転職して思うこと。

前職は激務でした。SIerのプロジェクトリーダー、プロジェクトの統括作業をしていました。
短納期で激務のやつです。

前職はグループ社員、数万人の会社の子会社で子会社のグループ全体で3000人以上人がいましたので大企業にいました。

デスマーチではありません。壁が迫ってくるの全力で走り抜ける、終わりが近づくと次の壁がきてまた走り抜ける、休む間もなく次の・・・

受託開発は、案件がなくなるとお金が入らなくなりますので終わりそうになると次の仕事を今の仕事と並行して探さないと採算が取れません。

1次受けの会社では、案件と案件の間で休めるとかはないです。パートナー社員さんも沢山抱いますので1か月仕事がないと
10人いれば1000万円くらいの赤字になってしまいますね。

仕事の遂行に求められるスキルも仕事を取ってくるので、
営業・プリセールススキル、要件定義、設計、開発、総合テスト、プロジェクト管理、経営層へ数字やプロジェクトの状況報告、非常に高度な顧客折衝能力など、
これ、一人の人間に求められるスキルですよwこれが全部できないと仕事が回らないんですw

残業も80時間~130時間くらいまでの間をウロウロしていて、データセンタへ出張すれば夜勤*夜勤で家に帰れないというかホテルに帰れない・・・w

月曜日に出張して、2回寝たら金曜日になるとかよくわからない生活をしていました。
会社の椅子の上や仮眠室で寝るのも慣れてきて、連続で36時間働く日もありました。
グロンサンのCMでも24時間までなのにw
ここまでくるとみんなテンションがおかしくて面白いんですけどね。周りには恵まれていたと思います。

最期の方は、週6出勤がデフォで大体終電まで働いて、一応家には帰るようにしていましたが寝るだけだし
日曜日の休みは家で体力の回復と家事をしておしまい。

そして体力も何もかもが、0寸前の中で高度なスキルを延々と求められるのが本当にきつかった。
記憶力とかも落ちに落ちてて、すぐ物忘れをしたりするようになったりとか。

大体5年くらいやっていたんですが、最後はExcelを開いたら吐いてしまって一瞬ある仕事の合間だったんで
こりゃやべえなと思い、病院へ行って診断書もらって休職→退職しました。

最期は顔面蒼白で、体重も異常に落ちていて隣の部署の人からはすごく心配されていました。

 

 

転職後は中小企業ですが、しっかり帰れます。

フレックスコアタイム 11時-16時で残業含めて月160時間働けばよいので、今日2時間残業したら明日2時間早く帰れます。
なので残業は大体毎月30分くらいに抑えてます。

在宅勤務も可能で家からも自由に働けます。

給与は年収ベースで250万円ほど落ちましたが最近またちょっと上がってきていますね。
昇格もしましたし。仕事の内容は開発チームリーダーなので前職よりも大分簡単になりました。

家に早く帰れるし、ブログも書けるし勉強もできます。
仕事のスキルの伸びは頭打ったような気もしますがもういいかなw
もう少し広い目で世の中を見ていこうと思います。

定時で帰れて残業もしなくなって、ほどほどに給料ももらえる生活はコスパが良い!
もともとあまり仕事が好きとか、会社で出世したいとかなかったので、今の生活の方がとっても自分には合いますね。

会社でやりたいことをやるのは、恐らく私は無理でしょう。会社の業務にやりたいことがないしチームワークはできるのですが
そもそもそんなに好きじゃないみたいですw

そして、前職の激務をしていた企業に転職した理由は賃金等の待遇の改善だったのですが、普通に家に帰れる生活を失いました。
今の会社は100人程度の規模の会社ですが普通に給料がもらえてちゃんと家に帰れる環境です。

大企業に行く必要全くありませんでしたw

いくら定時で帰れても嫌な仕事は嫌ですが今は比較的良い環境にいるんじゃないかと思っています。
家に帰ってから自分で色々やるほうが楽しいですしね。

自分語りになりましたが本日は以上となります!!

 

1日1回応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

タイトルとURLをコピーしました