スポンサーリンク

米国株の投資戦略その3_購入タイミング

米国株や投資のいろは

こんばんわ。ぽん太です。

今日は米国株の購入タイミングについて記事にしていきたいと思います。

 

米国株投資戦略_購入タイミングは?

これはタイミング投資か、ルールに沿って定期的に買うかの2点だと思います。

タイミング投資は、市場のノイズを考慮して株安円高で購入できれば、その後
株価が回復した時に大きく利益を得られるよっていう買い方だと思います。

ルールに沿って定期的に買うのは、毎月1日に5万円づつ買う。などの自分が決めたルールを守って買っていくことが重要になります。

タイミング投資

結論から言うとタイミング投資はとっても難しいと思います。

私は今年の年初に株価が20%近く急落したタイミングで250万円くらい一気に楽天VTIに突っ込み、米国株投資を始めました。

ダウが年初にかけて反発したので、これは元の株価に戻るだろうなと踏んで、
一気に投資を仕掛けたわけです。

おかげてそれ以降今まで含み損になることなくプラス収支でここまで来れています。

しかしながら、その後の上昇相場でこれからもずっと上昇するだろうという妄想に囚われて投資を続けた結果、5月の下落相場で結構つらい思いもして、いまだに含み損の株があります。

また、コカ・コーラが決算不調で45ドルくらいまで下落した時に購入した際に購入しましたが、それは今までプラス域で推移してくれています。

判断を間違えてしまうと大きく含み損への転落もありますね。

皆さん株が安い時に買って高い時に売りたいと思うのですが、株が安い時はみんなが株を購入することに躊躇していて、逆にそのタイミングで購入すると周りからは心配されたりしました。

私も会社の同僚にえ?って顔されてちょっと不安になったりしました(´っ・ω・)っ

ビットコインが100万円を超えてきましたが、30万円台のときに積極的に購入に行けたような人がこの購入方法に向いていると思いますね。

f:id:ponta-stock:20190623234331p:plain

VIX恐怖指数を見て25超えてきたら買いかなぁと一つの指標程度に考えましょう。

市場が怖がっている時に買い、市場が浮かれている時に売るためには、VIX恐怖指数を参照しましょう。

25を超えてくると市場が恐怖で慄いている時なので、これは買いになります。
ニュースでは連日株価の暴落を報じると思います。

そんな時こそが買い場となりますね。

自分もそれができる自信があまりありません・・・。

 

 

定期的にルールに沿って買う

ドルコスト平均法などが有名だと思いますが、毎月1日に5万円買うなどのルールに沿って毎月買っていきましょう。

10種類くらいのポートフォリオを持っているのであれば、1番パフォーマンスが悪い銘柄を毎月買い増すとか、自分なりのルールを持ちましょう。

ETFや投資信託であれば、それを買うだけで分散もされているので毎月淡々と積み立てましょう。

まとめ

私はどちらもやっているんです。

毎月の給与から約8万円ほどを捻出し、積立NISAに3万円、通常の定期購入に5万円を定期購入しています。

そして、20代から30代の頭にかけて貯めた貯金が残り約400万円ほど円資産として証券口座に入金されているので、これは次のリセッションのタイミングで大きく買い増すことを目的にそのまま残してあります。

20%程度下落したらまたドーンと買い増そうと思っています。
人にお勧めできるのはやはり定期積立が良いと思いますね。

平均的な価格で購入できますから。タイミングを計るとギャンブルの要素が強くなってしまうし…。

無理せず自分のペースでやっていくって言うのがやはり一番大事かなと思います。

本日は以上です!

自分のできる範囲を超えずにやっていくのが大事

 

1日1回応援お願いします!


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました