VOO買い増し

スポンサーリンク
購入履歴

こんばんわ。ぽん太です。

スポンサーリンク

VOOはバンガード社のS&P500 連動ETFです。

米国株を始めるのであれば、VOOはまず初めにチェックしましょう。

S&P500ETFで個人投資家が買い付けるには1番最初に検討すべきETFだと思います。

SPYなどもありますがVOOは経費率も最安水準です。

米国市場の小型株も買い付けたい場合は、VTIを検討しましょう。
小型株を含む3600銘柄に分散投資できます。

友人に相談を受けた場合はこの2個のどちらかを主力に組み入れるように勧めています。

配当金が多めに欲しい人は、VYM、HDV, SPYDを検討しましょう。

基本的にインデックス投資は万人に勧められる投資だと思います。

VOOを初めて直接買い付けました!

VOOを6株ほど買い付けました。

割安になるかなと思ったのですが、米・2月景気先行指数は予想を上回り+0.2%となったため、
ドル高で値上がりしてしまいました。

f:id:ponta-stock:20190321232015p:plain

我慢するのが難しい。
でもVOOであれば、保有していても不安な感じはないのでいいかな。

過去ずっと値動きを見てきていますが、圧倒的な安定感と配当利回りも1.8%ほどありますしね!

長期で見てプラスになってほしいです。

 

 

VOO を購入する時に注意してほしいこと。

楽天証券等で取引する場合には3種類の手数料がかかります。

私は楽天証券を使っているので楽天証券の場合を例に説明していきますね。

購入手数料 : 最低価格500円、最大価格2000円で購入額の0.45%がかかります。1株買っても500円かかってしまうので、必ず10万円以上で買い付けましょう!

円貨購入での手数料:1ドルあたり25銭の手数料がかかります。ちょっと高いです。100ドルで25円ほどですかね。10000ドルだと2500円にもなってしまいます。

信託報酬:こちらは1年間で0.04%かかります。100万円の運用手数料が4,000円程度となります。こちらは投資信託では最安となるので心配しなくてもよいでしょう。

リスクについて:リーマンショック級の金融危機が発生すると約50%価値が下落し回復まで3年程度を要します。倒産はないので狼狽売りは避けましょう。

以上となりますが、良い時も悪い時もあると思いますが、VOOがこれからも順調に値上がりしてくれることを願います!

1日1回応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

タイトルとURLをコピーしました