次へ

再び株価が下落でまた終わりの始まりか?

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

再び株価が下落でまた終わりの始まりか?

 【ニューヨーク時事】7日午前のニューヨーク株式相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による金融引き締め加速への警戒感が続く中、続落している。午前9時56分現在、優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比145.99ドル安の3万4350.52ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は18.64ポイント高の1万3907.46で、前日終値を挟んでもみ合いとなっている。

ハト派と目されていたブレイナードFRB理事から5日、金融引き締めに積極的な発言が出たほか、6日に公表された3月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、会合参加者による金融引き締め加速意向が示された。市場では急速な引き締めが景気悪化につながるとの警戒感がくすぶっている。

3月末まで株価が爆上げしてましたが、4月に入りまた不透明な感じがしてきましたね。今週は殆ど株価で良いところはなくずるずると株価が下げ始める苦しい展開。今年は、マーケットが開いている間のほとんどの時間、我慢を強いられる苦しい展開ですね。NYダウも去年は最高価格を更新したりして、米国株無敵ムードでしたが今年は年初からず~っと寝動く気弱くて辛いですね。

 

2021年みたいなゆる~く右肩上がりを続けるような相場は本当に気分が良いんですけどね。2017年とかもほとんど下げるところなく、ず~っと右肩上がりだったのでそういう相場に恵まれると大幅に資産が増えていきそうです。去年は円建てで42%も市場平均が伸びたので資産爆増報告が多かったのを思い出します。まあここしばらくパフォーマンスが良かったので、これからしばらくは我慢の展開が続きそうですねぇ。

 

海外の人気Youtuberである「Michael Reeves」が金魚にデイトレードさせるとどうなるのか?という企画が話題になっていたようです。水槽の半分をTESLAとAPPLなどの銘柄に区切って長く滞在した方の株を購入するという方式で金魚にトレードをさせたそうです。

 

ウォールストリートの人気トレーダーが6091ドル(約76万円)の損失を出したのに対し、なんと金魚の「フェデリック」君は1007ドル(約12万円)の利益を稼ぎ出したそうでそのお金で水槽用品などを買い足したという話でした。個別株の取引きなんてサルがダーツ投げて選ぶのと変わらないという話は聞いたことあるかと思いますが、金魚がトレードしても人気トレーダーに勝てるということがこの実験で証明されてしまいました。

 

市場が苦しいからと言って短期トレードとかタイミングを読んで何かしようとすると金魚にも負けてしまうかも知れないので、苦しいながらも保有を続けるしかなさそうです。

 

ぽん太
ぽん太

うちも熱帯魚にやらせてみようかな・・・。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

 

 

相場
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました