次へ

きっと来週も地獄

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

きっと来週も地獄

今の時期は仕方ありません、ハイテクは暴落しますで有名なバフェット太郎さんが生き生きとしてますね!実際グロース優勢でバフェット太郎さんが提唱していた高配当投資はここ10年以上グロースに対してパフォーマンスが劣後していたんですよね、その間ずっとパフォーマンスが悪いと言われ続けてきましたので、この反撃は適当なものだと思いますw

 

まあでもこの調子だとタイトル通り来週もNASDAQ100等のグロース株は調子悪そうですよね。あのAmazonも金曜日に5%近く下落していてついに3000ドルを割ってしまいました。バフェットが購入した後急に3000ドルを超えてそれ以来ずっと3400ドル付近をうろうろしていたのに・・・。決算シーズンが始まりますので、来週から業績やガイダンスが悪い企業の株は容赦なく売られる展開が待ってそう。地獄の始まりですね。

 

コロナ後に上がった株がコロナ前の水準まで売られるのかなぁ。

 

 

出典:SBI証券

ラッセル1000グロース指数の上位構成銘柄は、アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック、アルファベットなどがあり、対してラッセル1000バリュー指数の上位構成銘柄はJPモルガン・チェース、バークシャー・ハサウェイ、エクソン・モービル、バンク・オブ・アメリカ、ジョンソン&ジョンソンなどがあります。

過去のパフォーマンスでいえば、グロースが永久に強いなんていう事は無いんですよね。今年に入ってからはBTI最強ですしこの辺は代わる代わるパフォーマンスが良くなったり悪くなったりしています。今の状況を見ているとバリュー株が優位に立つなんて思えないですが10年単位の変化は人が感じ取るには長すぎますからね。

 

しかしながら年初から株価が売り込まれて波乱の1年が始まりますね。金が減ったからと言って特に何か行動に変化があるわけじゃないんですがしんどいですねw

 

ぽん太
ぽん太

もう終わりだよこの株価w


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

相場
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました