次へ

バフェット氏「アナリストも格付け会社も役には立たない」

ぽん太
ぽん太

どうもこんにちわ!!ぽん太です。

バフェット氏「アナリストも格付け会社も役には立たない」

問題はウォール街の投資判断や横並び意識にありました。たとえば1973年にワシントン・ポストが大きく株価を下げたことがあります。バフェットによると、当時の同社の資産価値は4億ドルありましたが、株価が大幅に下がったことにより時価総額は8000万ドルにまで下がっていました。売りは売りを呼びます。

では、同社株を手放した人々がどんな理由で株を売ったかというと、ほとんどは「マスコミ株が下げているから」とか、「みんなが売っているから」という理由です。理由はそれ以上でも以下でもありません。つまり、「みんなそれほど確固たる理由はないのである」がバフェットの見方でした。

大衆がやっていることって仲間が多いと安心するとかみんながやっているからっていう理由であったりしますよね。自分で考えたつもりでも他の人の意見を参考にしているわけで本当に自分の考えを持っているのかどうかは、私自身もわかりません。私はおそらく最初に勉強をした本やブログに強く影響を受けていると思います。バフェット氏も師匠であるグレアム氏の影響は受けているでしょうから。

 

しかしながら、みんなが買っているから買うみたいなものはとても多いのではないかなと思います。しょっちゅう買い煽りみたいなことって起きてますし、今だとTwitterを見るとレバナスがなどのレバレッジETFや投資信託が大流行りしていて怖いです。その前はARKKとかZoomとかみたいなハイパーグロース株が流行っていたかな。他の人が儲かっていると自分も手を出したくなるので、結構目に毒ですよね。

 

Twitterなんて見ないでじっとしている方が投資のリターンには良さそうな気がします。バフェットがオマハで投資を始めたのは今で言い換えるとネットを断ち切るみたいな感じになるんでしょうか。

 

 

バフェットは格付け会社に頼らなければ、ブローカーやアナリストに相談することもありません。内部情報に振り回されることもありません。大切なのは誰かの意見を聞いたり、権威ある人のアドバイスを受けることではなく、“自分で考えること”です。

他の人の意見を参考にするということは、その人にお金を運用してもらいたいと思うことと同じなのでバフェットは格付け会社やアナリストなどにも相談することはないようです。あくまでも大切なのは自分で考えることとのこと。誰かに相談したり誰かの言いなりで投資をするならアクティブファンドにお金を預ければそれでも経費率1%くらいでは運用してくれるのでそれで解決ですよね。

 

でも自分で考えて投資するってすごく難しいとは思います。どれが自分の本当にの考えなのかすらわからなくなってきますからね。私はレバレッジ投資をして私を追い抜いていく人は暖かく見守って、自分のペースで現物投資を続けていこうと思います。

 

ぽん太
ぽん太

流行りものに手を出すのは危ないですね。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ


 

 

 

米国株や投資のいろは
ぽん太をフォローする
初心者が始めるアメリカ株式投資
タイトルとURLをコピーしました