ジョブスの遺言?日本がイノベーションしないのは逃げ場がないから。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

最近毎日更新が途絶えつつあり申し訳ないです。私生活や仕事の環境変化が来ており、環境変化によわ~い私はそっちに対応するのに手いっぱいになっております。株は放置していても、私より優秀なGAMAの社員たちが頑張って回してくれるので有難いです。

ジョブスの遺言?日本がイノベーションしないのは逃げ場がないから。

ジョブズの遺言「日本からイノベーションが生まれない根本原因」 「逃げられる」は武器である
かつてスティーブ・ジョブズは「なぜ日本ではイノベーションが起きないのか」という質問に対し、「アメリカにはニューヨークがあり、ロサンゼルスがあり、サンフランシスコがある」と答えた。これはどういう意味なのか。『After GAFA』(KADOKAWA)と『アルゴリズムフェアネス』(KADOKAWA)の出版を記念し、インフォ

なぜ日本にはイノベーションが生まれないのか?という質問に対して彼は、「アメリカにはニューヨークがあり、ロサンゼルスがあり、サンフランシスコがある」と答えたそうです。GAMAを擁する西海岸の豊かな文化と発展は東側から逃げた人達が作り上げた文化だそうです。ハリウッドとかね。

 

そう思うと、日本には東京、大阪、京都、博多、仙台、北海道などの大都市圏が各地に有りますが、なんとなく東京が嫌になったからといって突然大阪に引っ越す人とかいないですよね。

 

日本の文化はレールに沿って生きていくのが良いとされ、沢山のこれじゃないといけないみたいな文化が根強く残っていると思うのです。投資は危ないとかもそういう根強い文化の一つだと思うのですが。

 

この10年、テクノロジーの普及で大分そういった固定概念が打ち砕かれて、仕事から逃げて簡単にネットで転職したりとか大分逃げ場がある世の中になってきたなと思いますが、まだまだ人に意識付けられた固定概念は壊れるまでには時間がかかりそうです。

 

 

自分を許す、楽に生きる、嫌なことからはさっさと逃げて好きなことだけやる

最近、こういう言葉を私はよく目にするようになってきました。投資界隈の人たちは努力とか勉強と言う言葉をよく使うように感じますが、そもそも好きでやっていたらそれは勉強ではないと思います。明らかに好きじゃないとそこまでストイックにできないだろうというようなことをやっている人も多く、好きなことをやるということがいかに強いのかと言うことに気が付くばかりです。

 

私はお金に縛られて選択肢が減っている生活と言うのが好きではなく、投資自体も好きなのですがお金からの解放と言うのが1つの目標になっています。あくまでも投資のパフォーマンスが目的ではなく、あくまでも選択肢を増やすための手段の一つとして投資をしていますね。

 

もう少し世代が進めば、ロボティクスやAIなどの進歩によりそもそも生産と言うのは人がやることではなくAIや機械がやる世界がき始めるかもしれません。国が主導で生産した生産物を国民に分けて生活するというベーシックインカムが中心の生活が始めれば今の経済概念も壊れるのかも?

 

一時の混乱はあるかも知れませんが、そうなった時はまた経済の概念が変わりますから今の固定概念を捨てていくのも大事かもしれませんね。

 

因みに投資状況はコロナショック前くらいまで結局戻ってしまいました。

 

ぽん太
ぽん太

嫌なことからはさっさと逃げよう。ジョブスも毎日鏡に問いかけてたみたいですしね。


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 



投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました