株価高騰でつみたてNISAとiDeCoはどうなったのか?5月の運用状況報告。

こんにちわ!!ぽん太です。

 

土日が一瞬で終わってしまうのがとても悲しいです。ずっと休みにしてくれても私は全然問題ないのに。。。5月は在宅勤務ように色々と部屋の模様替えを沢山行っており大分お金を消費しておきました。今日はニトリで布団カバー周りを一新して気持ちよく寝ることにします。

 

株価高騰でつみたてNISAとiDeCoはどうなったのか?5月の運用状況報告。

楽天VTIへ投資した投資状況

まずは私は投資信託については全て楽天VTIに投資していますが、全ての投資状況がこちらです。つみたてNISAと通常のスポット投資した2種類が混ざっていますが前回の暴落で多くく下落した爪痕が残っていますね。しかしながらここ最近の株価上昇に伴って含み益も復活しています。

 

毎月5万円+ポイントを投資していますので実質投資額はずっと一定で増えていて、徐々にトータルリターンも増えていました。あと少しで100万円の含み益がでるところでしたが、暴落で一気にマイナスになりそこから40万円ほどの含み益に戻りました。

 

含み益に戻ったつみたてNISA

つみたてNISAの方は、2019年の1月から月々3.3万円づつ投資しているので、去年の株高の時期も淡々積立していましたそのため含み益は今のところ2%ちょっとで僅かながら含み益に戻っています。つみたて投資なので短期で大きく含み益を得ることは中々難しいですね。残り18年と7カ月残っているので将来の株価に期待したいと思います。

 

続いて、iDeCoの状況について

iDeCoの方は更に株高でが進み始めた2019年5月頃から投資を始めているので、更に含み益が少ないですね。でも丁度1年ほど積立を続けたので圧倒言う間に23万円ちかい金額になりました。普通に貯金+αと思って続ける分には良さそうです。年金なので債権なども、視野に入りますが今のところ債券は利回りの低下でリターンが下がりすぎてあまり手を出したいと思わないです。まだ金を買う方が良いような・・・。

 

私は厚生年金の加入者ですが、厚生年金は給与所得の18.3%を会社と折半して払っているらしいです。なので給与が30万円で賞与が50万円の人は毎月5.49万円、賞与で9.15万円を会社と折半して支払っており合計で84.18万円を国に納付しているそうですよ。上記の人は年収で460万円となるので、半分の42.09万円を負担しているわけで死ぬほど重いなと思います・・・。

 

厚生年金がないか自分自身への積立方式であれば年間84万円積み立ててくれるわけで40年で3,360万円にもなりますね。今の厚生年金とどちらが良いか・・・。というかこの金額を全部運用に回したいw

 

そんなわけで、iDeCoもつみたてNISAも暴落から含み益に復活してきましたよ。というお話しでした。

 

ぽん太
ぽん太

こちらも株式市場の状況に左右されず、まったりと継続してつみたてていきたいと思います。

本日は以上です!


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました