投資初心者がコロナショックで全然損しなかった方法とは?

こんにちわ!!ぽん太です。

 

東京都も緊急事態宣言が解除されて、しばらく経ちましたが二次感染爆発もなく今のところ落ち着いていますね。土日はもう大分近所も人が外出していて、徐々に普段通りの生活に戻ってきている感じがしていますが、ちょっとこの後どうなるか不安な感じはなくなりませんね。

 

投資初心者がコロナショックで全然損しなかった方法とは?

資産の推移

コロナショックは私の資産状況にも当然大きく、影響を及ぼしています。総資産1,700万円直前、投資の含み益210万円のところから始まりたった1カ月程度で1280万円くらいまで資産が減り、株の含み損は200万円くらい。その差額約400万円程度でした。1カ月の間、毎日給料よりも大きな金額がなくなっていくというのは中々スリリングな感じだったと思います。

 

サラリーマンで400万円というと現実的でもあり、結構な大金ですよね。400万円の買い物とか私はしたことありませんし。せいぜい車を中古車で購入した150万円くらいが限界ですね。それ以外では殆ど大きな買い物をしたことがないななぁ。

 

株式市場が下落しているときは、毎晩マーケットが空くと今日はどうなっているのかドキドキしながら見ていましたが、まあ何とかなるだろうくらいにしか思っていませんでした。結果的に、特に株を1株も売ることなく乗り切ったわけで今は自分の入金もあって結局元通りくらいの資産と85万円くらいの含み益にもどりました。

 

 

良く調べて、あとはあまり気にしないのが一番。

元々、S&P500は過去に何度か記事にしましたが、大体年率で最大+35%~-35%くらいの幅で変動するというデータがありました。一時的に最高で50%くらいまで下落したリーマンショックのようなケースもあります。なので今回のコロナショックは市場の変動が代替35%の枠に収まっていたので、もともと考慮していた範囲内での下落でした。50%を超えて更に下がるようであれば、ちょっと笑ってしまったかもw

 

大底の辺りでは「今回は、違う!いつもよりもひどい状況だ!失業者が2000万人でた!」と言う話が出ていましたが、リーマンショックの時も株に触れていなかった私でもわかるくらい、悲壮感が漂っていたので今いち今回だけが特殊であるという理由がわかりませんでした。多分、リーマンショックもITバブルもかなり危機的な状況であったと思うので今回だけが、過去よりも凄いというのは大分疑問でした。また、SARSの時は、感染者が落ち着くと市場が一気に回復していったので同様の事態では感染者数が落ち着けば落ち着くんだろうなと思っていました。

 

後は、お金が減るのと自分が消耗するのは全く関係のないことでお金への執着が薄いのも、功を奏したと思います。お金に執着が強いとパニックになる可能性が高いと思います。ギャンブルとかやると特にそうですが、負け始めるとムキになって負けを重ねたり普段しないような行動をとったりしてしまうところがあるので、お金と自分は異なると言い聞かせて減っても焦らないメンタリティを作ると良いと思います。

 

今のところ2番底が来るような兆候もなく完全に市場が落ち着きましたが、この後2番底が来ても普段通り行動して行きましょう!

 

ぽん太
ぽん太

やばい時こそ普段通り行動するのが吉です。

本日は以上です!!


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ




投資記事が集まるサイトです。



 

タイトルとURLをコピーしました