【米国株】楽天・全米株式インデックス・ファンド のVTIとVOOの比較

こんばんわ。ぽん太です。

 

大磯の旅行写真ですが、吉田茂邸ですね。なんかすごくいい場所だったのに人が全然いなかったので、非常に良い観光スポットでした。

さて、本題ですが楽天・全米株式インデックス・ファンドに採用されている、VTI(Vanguard Total Stock Market ETF)とVOO(VANGUARD IX FUN/S&P 500 ETF )の
比較をしてみたいと思い、記事にまとめました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド のVTIとVOOの比較

この2つ、どちらを積み立てるか迷いませんか?

投資信託で言うとVTIは楽天・全米株式インデックス・ファンドで
S&P500に積み立てるのであれば、EMAXIS Slim S&P 500ですね。

優良企業500種に積み立てるか、米国株の3600銘柄に積み立てるか。

時価総額の平均過重になるため、VTIは10%ほど、S&P500にない小型株を含むことになるようです。

価格と配当金の比較

まずは、価格の比較から行ってみましょう。

f:id:ponta-stock:20190606205025j:plain

VTIとVOOの価格比較

うーん、ほぼ一緒ですね。

キャピタルゲインの面ではこの2つはほぼ互角のパフォーマンスです。

甲乙つけがたいですね。ほんの少しだけ、VOOの方が有利ですかね。

日々の値動きを見ていてもほぼ互角か若干、VOO有利なイメージですね。

配当金はVOO 1.52% で VTI 1.94% と若干VTIが良いようですね。

配当金の再投資を考えるとVTIがほんの少しだけ有利かもしれませんね。

5年来パフォーマンスで比較すると、VTIが10.34%でVOOが10.87%で直近5年はVOOが有利ですね。

 

 

セクターと、保有上位10銘柄

VOO

f:id:ponta-stock:20190606214816p:plain

https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VOO_JP.pdf より出典

VTI

f:id:ponta-stock:20190606214952p:plain

https://www.vanguardjapan.co.jp/docs/FS_VTI_JP.pdf より出典

セクターと保有割合もほぼ同じですがVTIの方が、若干上位10銘柄が占める割合が低いですね。
これは小型株を含んでいるからだと思います。

バンガード社の目論見書を見る限りではVTIの方がバリュー投資よりでVOOのほうがグロース投資よりになっているようですね。

VTIの方が歴史が古いですね。

まとめ

完全好みですね。この2つのETFに関しては。

経費率も両者値下げされて0.03%となっており超優な低価格商品です。

私はVTIは楽天VTIで取得しており、VOOは直接ETFで購入しています。

この2つの銘柄を中心に投資していくことがやはり、米国株投資の王道かなと思います。

ぜひ皆さんも優良なETFに投資していきましょう。

皆さんもこれらの優良ETFに投資して、30年後に億万長者になりましょう。

 

1日1回応援お願いします!


Twitterのフォローもよろしくお願いします。
今日もぽちっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました