スポンサーリンク

私の経歴と投資について その2

結果報告

こんにちわ。ぽん太です。

私の経歴と投資について その1の続きです!

 

1. S&P500の調査

当時この話を聞いても、何をどう買っていいのかも全くわかりませんでした。
日本の個別株特定銘柄をちょいちょい売り買いしていた程度で、アメリカのETFなど知る由もなく・・・。

とりあえず、ぐぐる
f:id:ponta-stock:20190313212300p:plain

死ぬほど右肩上がりです。(私の知り合いはこれをスロットの設定6と言っていました)

調べれば調べるほど、買わない理由も貯蓄を現金で置いておく理由もないので購入しようと決意しました

2. 何でいつ買う?

今であれば、VOOを直接買うかeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を買うかをきっと迷っていると思いますが、
当時何も知らない私。

とりあえず、前回紹介されたサイトの、楽天VTIS&P500と連動していることに何とかたどり着き
とりあえず、楽天VTIを購入することに決めました。

時は2018年12月末、株価が20%近い値下がりを記録している時期でした。
f:id:ponta-stock:20190313213116p:plain

ちょうどこの時期です。
買うの怖ぁぁぁ。とビビってしまいましたが暴落は買いだと思い1月8日と1月11日に株価が安定して反発したのを機にアメリカ株長期投資にデビューしたのでありました。
f:id:ponta-stock:20190313213635p:plain

(´-`).。oO(この口数買うならバンガードのVTIを直接買えばよかったなぁ)

楽天VTIは日本での課税が繰り延べとなります。米国のETFは米国との2重課税が確定申告で払い戻しされます。
結果はどちらもトントンくらいになると思うのですが、手間をかけたくない人や積立設定で自動的にやってほしい人は楽天VTIを買うのが
楽でよいかなと思います。

この辺は好みが大きいですかね。

楽天を中継してVTIを買うことになるので、余計なものを挟むのが嫌であれば本家のVTIを買いましょう。
バンガード社のVTIは資産総額も大きいのでこれ1つに絞るのであればVTIを直接買ってしまうのもよいと思います。

最初の1回は怖いけど、ETFなら失敗してもすぐ売れば数%損するだけ。
心理的なハードルがあるけど、みんな乗り越えていこうぜ!

1日1回応援お願いします!


ポチッとしてもらえると大変やる気が出ます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
タイトルとURLをコピーしました